社会

コロナで『風俗』どうなった!? ナイナイ岡村隆史“予言”大検証!~Part1~

風俗が最後のセーフティーネットという時代も終わりか?
風俗が最後のセーフティーネットという時代も終わりか? (C)週刊実話Web

「コロナが明けたら、美人さんがお嬢(風俗嬢)やります。お金を稼がないと苦しいですから」

一般女性と結婚したナインティナインの岡村隆史が、ラジオでこの〝失言〟をしたのは昨年4月のこと。あまりにも女性蔑視が過ぎるということで、世間から袋叩きに遭ったのは記憶に新しい。

だが、皮肉なことに、その〝予言〟が現実化している。全国の繁華街では生活苦の女性が風俗産業に大量流入。キャバクラ嬢、女子大生、フリーター、専業主婦など肩書はさまざまだが、一様に切羽詰まった様子だ。世界の経済全般が地盤沈下している以上、当然の話だろう。

他方で、お茶をひく(出勤したものの客がつかないこと。稼ぎは0円)風俗嬢も急増している。コロナで風俗店に行く客数は激減しているにもかかわらず、若くてイキのいい新人が次々と入ってきているからだ。よっぽどの人気嬢でもない限り、風俗専業で生活するのは厳しい状況だ。

「閑古鳥が鳴く東京の吉原周辺では、ソープ嬢がウーバーイーツの自転車を漕ぐケースが頻繁に見られます。今は店舗でも女のコの淘汰が激しくなり、風俗業界の中で〝格差化〟が進んでいます。『風俗は最後のセーフティーネット』と言われていたのも今は昔。非情な残酷物語が展開されているのです。女のコたちは手っ取り早く稼げるからこそ風俗で働くのに、それが無理ならリスクしか残らない状況です」(風俗ライター)

“直引き”に走る風俗嬢も…

ただし、同じ風俗でも、ジャンルによってコロナのダメージに差はあるようだ。最も被害が深刻なのはピンサロ。不特定多数の客を相手にする回転系の事業形態は、やはりあまりにも感染リスクが高い(風俗ではないが、同様の理由でおっぱいパブも壊滅状態となっている)。

逆に派遣型のデリヘルは、さほど大きなダメージを受けていないと言われている。

「このまま店に頼っていても稼げないと見切りをつけた風俗嬢の中には、直引き(客と直接交渉する方法)に走る者もいます。業種や店のクラスにもよりますが、通常、店とキャストの取り分は50%ずつというのが業界の常識です。店を通さなければ計算上は半額が浮くわけで、その分だけ値段を下げれば客足が伸びるのは自明の理。つまり客は廉価で遊べ、女のコも取り分は減らずに客足が途切れないというわけです」(同)

それでは、これにて一件落着かというと、残念ながらそんな単純な話にはならない。裸の状態で男女がマンツーマンになるため、暴力や薬物も絡んだ厄介なトラブルが急増しているというのである。また最近は、外国人だけでなく若い日本人の立ちんぼも増加傾向にあり、これも危険と隣り合わせであることは言うまでもない。その際は女のコだけでなく、〝遊ぶ側〟も危険にさらされるということも念頭に入れておくべきだろう。

(Part2に続く)

あわせて読みたい