瀬戸大也“ハシゴ酒&ハレンチ発言”にブーイング殺到「反省してないね」

東京五輪水泳代表の瀬戸大也が〝ハレンチな発言〟をしていたと報じられ、非難されている。12月20日に更新された『NEWS ポストセブン』に掲載された《瀬戸大也 もう絶好調、夜遊び満喫し「金メダルとりまーす」》という記事が発端だ。

【関連】処分が下った“不倫スイマー”瀬戸大也に時期尚早な助言 ほか

タイトルだけでも瀬戸が非難を浴びそうだが、中身もタイトルに負けず劣らずスゴい。同記事によると、12月上旬に行われた競泳の日本選手権に出場した選手を慰労するための食事会に、瀬戸も参加。人目は避けつつも、明け方までハシゴ酒を楽しんだという。

久しぶりの〝夜遊び〟で羽目が外れたのか「金メダルとりまーす」とはしゃいでいたというのだ。

この記事を見た人たちからは、

《節度と品格は後から身につけられるものではない。もう無理でしょ、この男。自分の立場も省みずこういう時期にハシゴして飲み歩いているようでは》 《水泳競技は一流だとしても、その他の点ではとても応援するに値する人間だとは思わない》 《仮に金メダルを獲ったとしても素直に喜べませんね》 《最低でも年内自粛が世間を騒がし、スポンサーに迷惑を掛けた人のすることだと思うのだが…》
など、非難の声が殺到している。

妻・優佳さんの出す“結論”は…

スポンサー契約もすべて失い、五輪強化選手などが利用するナショナルトレーニングセンターの使用も停止されていると報じられた瀬戸だが、最近になってプールを確保し、人目を忍びながら練習に励んでいるという。

しかし、こんなありさまではいくら東京五輪で金メダルを獲ったとしても、ブーイングを浴びるのは確実。妻の優佳さんは月刊誌『FRaU』公式ウェブサイトのインタビューで、

《離婚をするのは、事の顛末を見極めてからでも遅くはないと思うようになったのです》
と答えているが、果たしてどんな結論を出すのだろうか。

【画像】

Dundanim / Shutterstock