スポーツ

不振!渋野日向子スランプの原因は…石川遼の“助言”を危ぶむ声

不振!渋野日向子スランプの原因は…石川遼の“助言”を危ぶむ声
不振!渋野日向子スランプの原因は…石川遼の“助言”を危ぶむ声(画像)Master1305 / shutterstock

女子プロゴルファーの〝シブコ〟こと渋野日向子が勝てない。同世代のライバルたちは上位進出で賞金を積み上げているだけに、このままでは苦しいシーズンとなってしまいそうだ。

「予選を突破してもなかなかスコアを伸ばせず、下位に低迷したままです」(専門誌記者)

不振の原因として指摘されているのが、渋野の「スイングの改造」だ。

渋野は今季初戦の『ダイキンオーキッドレディス』の会見で、長年師事してきた青木翔コーチからの卒業を宣言している。「特定のコーチはいない」「いろいろな人のアドバイスを聞きながら」とは言うものの、昨季終盤からスイングを大きく変えている。

「俗に言う〝横振り〟です。クラブを寝かせて、下ろしていくスイング軌道に変えました」(同)

スイング改造に踏みきった理由は、近い将来の米国ツアーに備えるため。「狙ったところへ確実に飛ばす」という目的で改造したのだが、その指南役というのが石川遼で、これまた厄介なのだ。

石川自身も痛い目に遭っているはずだが…

「昨年からちょこちょこお世話になっていて、助言もしていただいてます」

渋野自身がそう明かした。しかしスイング改造といえば、石川自身もかつて痛い目に遭っているはずだが…。

「石川は米国ツアーに参戦した直後、持病の腰痛に悩まされ、パワーではなく技術で遠くへ飛ばそうとしました。でも、スイングが安定せず、長いスランプに陥ってしまいました」(スポーツ紙記者)

そもそも、渋野は器用ではない。技術習得に時間を要する方だ。努力家ではあるが、まだ新スイングを完全に習得していないので、それが成績不振に直結してしまった。

「周囲は元のスイングに戻した方がいいと言っていますが…」(ツアー関係者)

渋野はそうした意見にも耳を傾けているが、「もう少し頑張ってみよう」の雰囲気。ツアー会場でも早出で練習して、自分のスイングをチェックしているが、その成果はまだ表れていない。

不振は石川のせい?
【画像】
Master1305 / shutterstock

あわせて読みたい