スポーツ

亀田興毅氏“最後の挑戦”ボクシングに再び関わる理由とは…

亀田興毅がボクシングジムを開設!
亀田興毅がボクシングジムを開設! (C)週刊実話Web

プロボクシング界の異端児、あの〝浪速乃闘拳〟亀田興毅氏が、大阪市内で3月にボクシングジムを開設する。

日本人選手として初の世界3階級制覇を達成した興毅氏は、型破りな試合運びと派手なパフォーマンスなどで、実績と人気は申し分なかった。だが、日本ボクシングコミッション(JBC)を巻き込んだトラブルも多く、現役時代から何かと世間を騒がせてきた。

2015年10月に引退し、現在は主にタレント活動を行っている興毅氏が、今度はジム会長として再びボクシングに関わることになる。新ジム『3150ファイトクラブ』には、元世界2階級王者の弟・亀田和毅らが所属する見込みで、プロ選手の育成を主な目的とするが、一般の練習生も受け入れるという。

「和毅は一昨年に協栄ジムを離れて以来、無所属で試合ができない状態。興毅氏は自身のブログでも語っているように、弟の実力を認めているだけに、試合ができないことに責任を感じています。そのサポートがジム開設の大きな理由でしょう」(ボクシング記者)

周囲では冷ややかな声も…

やはり興毅氏はボクシング馬鹿。井上尚弥や井岡一翔の活躍を見て、刺激されたのかもしれない。しかし、周囲では冷ややかな声が多いのも事実だ。

「亀田一家は目立つのが大好きやから、今回もその手でしょう。親父(亀田史郎氏)のこともあるし、あまり関わりたくないですわ。それに会長以外のスタッフが集まるかどうか…」(在阪ジム会長)

「要するに興行としてのボクシングをやりたいだけでしょ」(某プロモーター)

現在はJBCから追放されたも同然の亀田一家。それだけに興毅氏が自ら会長に就いてのジム開設は、今度こそ最後のチャレンジになりそうだ。

あわせて読みたい