エンタメ

全速ターン!『ボートレース』情報~平和島『SGグランプリ』シリーズの見どころ

ボートレース 平和島『SGグランプリ』シリーズの見どころ
ボートレース平和島『SGグランプリ』シリーズの見どころ (C)週刊実話Web

いよいよ今年の総決算である最高峰のグランプリが、12月15日に開幕する。今年の舞台は、ボートレース平和島。今回、シリーズの見どころを紹介したい。

今年もトライアルは2部制で実施される。まずは、トライアル1stから。

ここは、獲得賞金7位から18位の12人によって2日間、争われる。得点上位の6人がトライアル2ndに進むのだが、初日の枠番は獲得賞金順となるだけに、賞金7位の菊地孝平、同8位の瓜生正義は、1枠スタートで大きなアドバンテージがある。この「大事な1枠」で結果を残せるかどうかがポイントだ。

総合的に見て峰竜太の優位は動かない

そして、獲得賞金上位6人が登場してくるトライアル2nd。初戦は賞金上位6人が賞金順に内枠から配置され、トライアル1stから勝ち上がった6人が4枠から外に組まれる。2戦目以降は抽選によって枠番が決定する。従って、くじ運が大きな意味を持つシリーズでもある。

総合的に見て、現在のボート界を圧倒的にリードする峰竜太の優位は動かない。ただ、ここ数年、平和島水面を走っていないのが気がかりだ。水面を問わない峰だけに不安は少ないが、少し気になる要素ではある。

超一流のボートレーサーが集結する今年の大一番「SGグランプリ」。各選手が、優勝賞金1億円&黄金ヘルメット獲得を目指す6日間は、必見だ。

あわせて読みたい