芸能

「家城茜役は私にとって宝物です」 特撮映画『ゴジラ×メカゴジラ』が俳優人生のターニングポイントに【釈由美子 インタビュー】

釈由美子
釈由美子 (C)週刊実話Web

女優・釈由美子が出演しているアメリカ映画『IKÉ BOYS イケボーイズ』が、6月14日から全国公開される。

オクラホマを舞台に、日本の特撮やアニメ好きの高校生たちが特殊能力を身に付け大活躍するファンタジー作品で、彼女はキーパーソンとして登場。その端正な顔立ちとは裏腹に、思いもよらぬキャラクターを見事に演じ切っている釈に、映画の舞台裏を聞いた。

【関連】“スイカップ”古瀬絵理がグラビアに再降臨した裏事情とは!? 「私になんか需要はないんじゃ…」 ほか

――今作のメガホンを取ったエリック・マキーバー監督は、釈さんが主演した『ゴジラ×メカゴジラ』(2002年公開)を見て、直々に出演を依頼したそうですね。

釈由美子(以下、釈)「そうなんです。わざわざDVDを持ってきて、『ぜひ、出演してほしい』と仰っていただき、うれしかったです。

――釈さん自身、『ゴジラ×メカゴジラ』は俳優生活のターニングポイントになった作品だと仰っていましたね。

「おばあちゃんになっても自慢できるかな(笑)」

「あの家城茜役は私にとって宝物です。特撮ヒロインを特集したテレビの特番で十数年ぶりに撮影時の戦闘服に袖を通したのですが、感無量でした。ゴジラは世界的にも有名ですし、この役はおばあちゃんになっても自慢できるかな(笑)」

――「行くよ、機龍!」という名セリフもあって、歴代の特撮ヒロインの人気投票でも上位に入っています。

「うれしいですね。7歳の息子もゴジラシリーズが大好きで、私が出ているところを見ては“あっ、ママだ!”と言ったり、ラストシーンを見ては泣いたりしています」