芸能

NHK女子アナ“次期エース候補”は3人 現エース不在、パリ五輪キャスター抜擢で絞られた次期看板

NHK
NHK (C)週刊実話Web

「現エースたちがそれぞれ事情を抱えているため、“次”を作ろうという魂胆なのでしょう」(女子アナライター)

NHKは7月にフランス・パリで行われるオリンピックとパラリンピック(8月28日開幕)の主なMCを明らかにした。

【関連】フジ・佐久間みなみアナ、フォトブック積極アピール裏に「女優転身」独立説 狙うは田中みな実超えか ほか

7月26日のオリンピック開会式でキャスターを務めるのは、中山果奈アナに決まった。

「彼女は現在、月~木曜の正午のニュースを担当する昼の顔。着実に知名度を伸ばしてきた中での大抜擢となりました」(前出・女子アナライター)

これまでNHKは五輪の開会式に“その時のエース”を起用してきた。

“ポスト和久田・桑子”の座を射止めるのは?

「2021年の夏季・東京大会には和久田麻由子アナ、2018年の冬季・平昌大会は桑子真帆アナ。今回はそれぞれ家庭の事情があるので、期待も込めて、中山アナに白羽の矢が立ったのでしょう」(同・ライター)

広島県出身で東大卒の中山アナは、NHKに入っていなかったら金融業界に身を投じていたという。

「実際に超一流企業から内定をもらっていたそうです。落ちてもともと、思い出づくりにNHKを受けたら合格してしまったそうです。生真面目で几帳面な性格。ニュース原稿の読み方、アクセントも完璧です。噛んだり、トチったところも見たことがありません」(同)

年齢は非公表となっているが、入局年から推測するに現在32~33歳と思われる。