芸能

NHK林田理沙アナ、離婚の真相は…元夫は岡田将生似のイケメンか スピード離婚のNHK女子アナたち

NHK
NHK (C)週刊実話Web

日本テレビの水卜麻美アナが6月1日付の人事で、管理職に昇進する。

「水卜アナはこれまで主任でしたが、新設されるチーフスペシャリストという役職になり、管理職になる。彼女のフリー転身阻止を考え、彼女のために設けたポストと言っていいでしょう」(女子アナライター)

【関連】NHK女子アナ人事異動の舞台ウラ 割を食った人、得した人の明暗クッキリ ほか

水卜アナといえば、好きな女性アナウンサーランキング(オリコン)で、2013年から5年連続1位となり、殿堂入り。理想の上司ランキング(明治安田生命)でも8年連続1位に輝いており、まさに日本テレビを代表する人気アナウンサーだ。

そんな中、密かに離婚が明らかになったのが、NHKの林田理沙アナである。

林田理沙アナの離婚が大きな話題に

「結婚したときもヒッソリでした。次期エース候補に何があったのでしょうか」(前出・女子アナライター)

長崎生まれの神奈川育ち。リスのようなかわいらしい容姿に反して、湘南白百合学園~東京芸術大学音楽学部卒~同大学院音楽研究科修了という異色の経歴の持ち主だ。

「思い出作りにアナウンサー試験にチャレンジしたら、合格。絶対音感を持ち、ショパン好きとして有名です」(同・ライター)

『ブラタモリ』を担当していた頃、タモリから名前を重箱読みされ、“リンダ・リンダ”と呼ばれて以来、それが愛称となっている。

その後、『首都圏ネットワーク』、平日の『NHKニュース7』、『ニュースウオッチ9』を担当し、NHKの顔になりつつあった。結婚は2年ほど前のことだった。