エンタメ

全速ターン!『ボートレース』情報~丸亀「GⅡボートレース甲子園」の見どころ【前編】

全速ターン!『ボートレース』情報~丸亀「GⅡボートレース甲子園」の見どころ【前編】 
ボートレース情報 (C)週刊実話Web

夏の名物になりつつある『GⅡボートレース甲子園』。北は北海道から南は沖縄まで、全国津々浦々の出身地別の選手選抜となっており、他のグレードレースとは一線を画すGⅡレースだ。

今年の舞台はボートレース丸亀で、7月6日より開催される。今週から2週にわたり出場選手を東西に分けてピックアップして、見どころをお伝えする。

まず今週は、北日本から中部地方(関東地区選抜から東海地区選抜)のメンバーで、有力どころを紹介していきたい。

モーター気配よりも選手の技量

いの一番に推奨したいのが、福島代表の桐生順平。次いで愛知(施行者希望枠)希望者の原田幸哉で、この両者の今年は、最高に流れがいい。桐生はGⅠで二度優勝し、すでに6優勝。先のSGオールスターでも優出し、高位安定で推移。丸亀では最近、目立った結果は残していないが、今年の流れなら大きな期待を寄せたい。

また、原田もマスターズC、徳山周年を制覇するなど好調を維持。

そして、群馬代表の毒島誠は、今年こそ目立っていないが、18年の丸亀でメモリアルを制覇しており、心配無用だ。

深谷知博(静岡代表)、平本真之(愛知代表)、新田雄史(三重代表)も強力。出場選手の戦力差がかなり大きい大会だけに、モーター気配よりも選手の技量を重んじて狙いたい。

来週は、近畿地区以西の選手をピックアップして紹介したい。

あわせて読みたい