芸能

深田恭子を襲った心身の限界…「結婚できない理由」が複雑過ぎる!

深田恭子を襲った心身の限界…「結婚できない理由」が複雑過ぎる!
深田恭子 (C)週刊実話Web 

「適応障害」と診断され、病気療養に入った深田恭子。7月スタートの連ドラは降板し、撮影中だった映画も延期になった。

「ネットなどでは、深田の激ヤセが以前から話題になっていましたが、これまでにも体重の増減があっただけに、役作りのためと捉えられていました」(芸能プロ関係者)

所属のホリプロの発表によると、昨年春ごろから体調を崩しがちになり、今月に入って診断を受けたとのこと。仕事は順調だったが、深田にのしかかる責任やストレスは尋常なものではなかった。

「大手事務所の屋台骨を支える女優だけに、一般人の想像を絶するプレッシャーにさらされていたはずです。しかも、ホリプロには同年代の社内ライバル・綾瀬はるかと石原さとみがいます。意識するなと言っても負けられない。とうとう心身ともに限界が来たのかもしれません」(同・関係者)

石原さとみに先を越されたのもショック!?

昨年からのコロナ禍が影響しているのか、人気女優たちの電撃婚が相次いでいる。このこともストレスになったのではないか、と分析する芸能記者もいる。

「昨年12月には戸田恵梨香が松坂桃李と電撃婚。つい最近も新垣結衣が星野源との結婚を発表したばかり。同じ事務所の石原さとみも昨年暮れに結婚しましたが、後輩に先を越されたのは深田にとって、かなりショックだったようです」(女性誌記者)

深田は現在、年商200億円といわれる不動産会社の会長と交際中とされている。

「実は、この会長には過去にも結婚歴があり、その〝前妻〟との間にトラブルが発生しているとの情報もある。会長本人も若いころにヤンチャをしていたそうで、タトゥーも入っていると報じられたり、自己破産も経験している。多くのCMを抱える深田との結婚には事務所も難色を示し、ご両親も乗り気じゃないのではないか」(同・記者)

何はともあれ、まずはゆっくりと休み、またダイナマイトボディーに戻してカムバックしてほしいものだ。

あわせて読みたい