(画像)David Lee/Shutterstock
(画像)David Lee/Shutterstock

落合博満氏、次期西武監督候補に急浮上 中日の中南米外国人獲得ルート強奪で狙う「一挙両得」

2017年1月の中日GM退任後はフリーの解説者に転じ、プロ野球の第一線から身を引いた落合博満氏が、中日と絶縁し、2度目の監督復帰に舵を切った。


落合氏の監督復帰の発端となったのが、中日ドラゴンズが7月25日にバンテリンドームで初開催するOB戦「DRAGONS CLASSIC LEGEND GAME2024」だ。中日の機関紙『中日スポーツ』の創刊70周年記念事業で歴代の竜レジェンドたちが勢ぞろいする。


【関連】西武・渡辺監督代行が目指す“借金15”からの大逆転 関係各所から聞こえる「2011年をもう一度」 ほか


ところが、球界史上唯一の3度の三冠王で、星野竜の4番で活躍。引退後は中日の監督としてリーグ優勝4回、日本一1回の大功労者である落合氏の名前はどこにもなく、スッタモンダしている。


監督は権藤博氏と谷沢健一氏が務め、OB会長の小松辰雄氏、副会長の山﨑武司氏、山本昌氏、元監督の谷繁元信氏、矢野燿大氏、今中慎二氏、岩瀬仁紀氏、小笠原道大氏など総勢約60人が出場する。

「オファーがあれば、会って話は聞きます」

「落合氏をマネジメントする息子の福嗣氏によれば、参加の打診どころか、案内さえなかったと。落合氏はこれに激怒し、身内の集まりで金輪際、中日には協力しない。もう一度、(他球団で)監督に復帰すると宣言したそうです」(スポーツ紙記者)


落合氏は自身のYouTube『落合博満のオレ流チャンネル』でも監督再登板について触れ、「オファーがあれば、会って話は聞きます。条件によっては考える」と明言していた。


その発言が示すように、落合氏の元には、ある球団からオファーが届いているという。その球団こそ5月26日に松井稼頭央監督が休養し、渡辺久信GMが監督代行に就いた西武ライオンズだ。