スポーツ

“小池vs蓮舫”都知事選がヤクルトの監督人事に飛び火「神宮球場建て替え」を巡って両陣営が丁々発止

小池百合子 蓮舫
小池百合子 蓮舫 (C)週刊実話Web 

「赤いきつね」蓮舫氏と「緑のたぬき」小池百合子知事の女傑対決が確実となった東京都知事選。6月20日の告示を待たず、神宮の杜の樹木伐採をめぐり、両陣営が丁々発止。これがヤクルトの監督人事に飛び火した。

【関連】小池都知事は「反自民を1番ウリに」 時事芸人・プチ鹿島の都知事選コメントに賛同の嵐 炎上した眞鍋かをりとの差が鮮明に ほか

パ・リーグでは交流戦が始まる時点で最下位(15勝30敗)だった西武が、松井稼頭央監督に休養を命じ、渡辺久信GMが監督代行に。

セ・リーグ最下位(6月3日現在)のヤクルト・高津臣吾監督も決して安泰ではない。スポーツ紙の燕番記者がこう語る。

ヤクルト監督候補に井口資仁氏が浮上

「ベンチ裏では次期監督の噂がささやかれている。ダイエーやMLB4球団で活躍し、ロッテで監督も務めた井口資仁氏です。ヤクルトOBではないが、都内の國學院久我山高出身で、大学は蓮舫氏と同じ青山学院。神宮球場の建て替え工事に噛みつく蓮舫氏を懐柔する狙いが透けて見える。有事の備えです」

近年のヤクルトはOB監督が続いている。しかし、実際は三原脩(巨人)、広岡達朗(同)、野村克也(南海)、高田繁(巨人)などOB以外の監督も多い。

しかも、井口氏はヤクルトと関係の深いサンケイスポーツの評論家。極めて友好な関係にある。

昨年2月、東京都(小池都知事)は明治神宮、日本スポーツ振興センター(JSC)、伊藤忠商事、三井不動産の4者から出された、明治神宮外苑の再開発計画を認可した。