スポーツ

横綱・鶴竜ようやく引退も「井筒」を名乗れない裏事情

「荒れる春場所」のキャッチコピー通り、終盤に混戦状態となった春場所は、関脇・照ノ富士が激しいつぶし合いを制して4場所ぶり3回目の優勝を遂げ、大関復帰も決めた。 しかし、11日目には寂しいニュースもあった。5場所連続して休…

本文を読む