芸能

安住紳一郎アナ「天皇化」報道に波紋!たけしを無視&中居正広とも距離を取り…

安住紳一郎アナ「天皇化」報道に波紋!たけしを無視&中居正広とも距離を取り…
TBS安住紳一郎アナの“野望” (C)週刊実話Web

TBSの人気アナウンサー・安住紳一郎アナが〝天皇化〟していると一部で報じられ、波紋を呼んでいる。

「画面から見る温和なイメージとは違い、陰では下請けスタッフに当たるなど、傲慢だというのです。もともと安住アナは裏表が極端な人間だといわれていました。完全な会社人間で、上司に気に入られて権力を持ちたいタイプ。男女ともに人気アナ不足のTBSでは、安住アナだけが局の看板。本性を表してきたのでしょう」(テレビ雑誌編集者)

現在、安住アナは「TBSテレビ総合編成本部アナウンスセンター局長待遇エキスパート職アナウンサー」という肩書だ。

「テレビ界でアナウンス職は、制作職より立場が下。本来、アナウンサーはプロデューサーなどに使われる身なんです。ところが安住アナだけは逆転しており、現場でも扱いづらいと評判です」(同・編集者)

〝天皇化〟を報じたサイトでは、安住アナが局内を歩くと『白い巨塔』のように下々の社員が左右に寄り、道をあけるというのだ。

スキャンダルの小林廣輝アナもバッサリ

「10月からは夏目三久がようやく降板する『あさチャン!』の後番組も任される。ここで数字(視聴率)をV字回復することができれば、一気に社長の道も開けるのではないか。ビートたけしと共演している『新・情報7daysニュースキャスター』では、ピント外れの発言が多くなったたけしを、ワザと無視することも目立つようになってきた。たけしも〝偉くなったな〟とイヤミを言っているそうですよ。一時、盟友とまで言われた中居正広にも、ジャニーズを辞めた途端に手のひら返し。共演番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』も秋には降板予定です。〝ジャニーズ圧〟がかかる恐れのある中居には関わりたくないというわけ。先読みも抜群ですよ」(TBS関係者)

安住アナは、6月1日にTBSの佐々木卓社長と約2時間にわたって面談したことも明かしている。

「内容は明かさないのに、わざわざ社長と会ったということはひけらかす。〝オレは社員でも別格だ〟と言わんばかりの態度です。複数の女性との交際スキャンダルが発覚した小林廣輝アナはアキレス腱になりかねない問題でしたが、訴訟沙汰などに発展する前に番組を降板させて幕引き。管理責任を問われかねない失点を、最小限で抑えました」(同・関係者)

さすがに社長は無理でも「取締役」までの出世は間違いなさそうだ。

あわせて読みたい