芸能

門脇麦“映画さながらの性欲”!? 交際中・金子大地との関係は…

門脇麦“映画さながらの性欲”!? 交際中・金子大地との関係は…
門脇麦 (C)週刊実話Web 

前作のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』でヒロインを務めた女優の門脇麦が、イケメン俳優の金子大地と交際中であることを、発売中の『FRIDAY』が報じている。

「同誌によると、交際のきっかけは4月から5月まで上演されていた門脇主演の舞台『パンドラの鐘』での共演だったそうです」(芸能記者)

品川駅の新幹線ホームで並んでいる姿や、トイレットペーパーなどの生活用品を買い込んで、東京・世田谷区にある金子の自宅マンションに入る門脇が撮られており、半同棲のような状態なのかもしれない。

「門脇は、今やすっかり売れっ子になった俳優の仲野太賀との交際が報じられたことがあるが、その後は浮いた話がなかった。プロ意識の高い門脇は、昨年の大河ドラマ放送中は自身に恋愛禁止を課していたそうですが、解禁したところで現れたのが金子だった」(同・記者)

2014年公開の映画『愛の渦』でブレークした門脇。複数の男女が入り乱れて〝行為〟を行うマンションを舞台にした同作で、門脇は異常に性欲の強い女子大生役を演じていた。

4歳年上の“肉食女子”は断れない

「全く性欲が強そうに見えない門脇ですが、バストトップはおろか、アンダーヘアまで解禁し、白目をむいて絶叫するなど、〝行為〟のシーンは圧巻でした。同年代の女優で、あの役ができるのは門脇だけだと絶賛されるほどの体当たり演技で、一気にトップ女優に躍り出た」(映画ライター)

プライベートでも、これほど性欲が強いのか。

「体形維持を考えて炭水化物や穀物を摂らずに肉ばかり食べているそうです。文字通り〝肉食女子〟なので、門脇からガンガンいったのではないか。4歳年上で、芸能人としても格上の門脇に迫られたら金子も断れない。共演する舞台の東京公演が緊急事態宣言発令を受け、途中で中止になったタイミングで関係を深めていったのだろう」(映画関係者)

名前は「麦」なのに、あっちは超〝肉食〟だった。

あわせて読みたい