芸能

山之内すず熱愛報道の代償…日本テレビからの通達とは~銭で見えてくる『テレビ・芸能マル秘報告書』

山之内すず熱愛報道の代償…日本テレビからの通達とは~銭で見えてくる『テレビ・芸能マル秘報告書』
山之内すず (C)週刊実話Web 

日本テレビが出入り禁止を申し渡したと評判になっているのが、〝ティーンのカリスマ〟とも称されるタレントの山之内すず。

「バラエティーはもちろんのこと、ドラマなども、しばらくはオファーを控えるよう内々に通達があったというのです」(事情通)

その原因は、イケメン俳優・三山凌輝との熱愛を週刊誌に報じられたことだという。記事によれば、2人は三日三晩を山之内のマンションでともに過ごしていたというのだ。

「まさに元気な盛りですからね。コンビニなどで大量の食料品を買い込み、ほぼ2日間は籠りきりだったようです。2人が超ラブラブなのは、撮られた写真からも明らか。電車の中で手をつないだり、互いのスマホ画面を覗き込むなど、記者が赤面してしまうような親密ぶりでした」(芸能記者)

それにしても、日テレはどうして2人の交際を黙認することができなかったのか? その理由は、彼氏である三山にあるという。

オーディションはヤラセの偽情報

「三山は現在、ラッパーのSKY-HI(AAA・日高光啓)主催のボーイズユニットオーディション『THE FIRST』のファイナリスト・メンバーに残っているんです。実はこの企画、日テレが『Hulu』とともに全面協力し、莫大な制作費を投入して紹介番組も作っている」(事情通)

昨年9月から参加者の募集を開始し、現在は4次審査まで進んでいる。その最終合宿に参加する15人のメンバーの1人が三山だったというのだ。

「オーディションのため、有名人である山之内と付き合っている三山は絶対に有利だとネットで騒ぎになっている。さらに〝オーディションはヤラセ〟といったフェイクニュースまで飛び交う始末。視聴者に見放されたら、この種のコンテンツはもう終わりです。計3億円近く投資した企画が、山之内と三山のせいで台なしになってしまったというわけです」(事情通)

すでに、公平性を考慮し、『三山の合格は難しいかも…』との意見も出ているというが…。

あわせて読みたい