ザ・タブー

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・広瀬アリス

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・広瀬アリス
劉飛昶の淫相学“新”SEX診断 (C)週刊実話Web

今回は、公開中の映画『地獄の花園』(主演・永野芽郁、脚本・バカリズム)に出演している女優・広瀬アリスを取り上げよう。

妹「すず」との美女姉妹で、顔相的には、妹の方が丸みを帯びて女性度の高い顔なのに対し、姉のアリスはエラからアゴ先にかけてやや骨張り、鼻相がキツく(後に詳述)、総じて男性的で強い顔相をしている。

アリスは、デビュー当時から目の輝きが(すずより増して)素晴らしく、ほどよく強い目力に水気がのって女性的な魅力も備えており、強弱のバランスの取れた好相の持ち主だ。

以前に比して性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の三日月形の部分)が厚みを増してきており、性愛に対する感度・積極性がアップしている。唇が上下とも厚めで情愛豊かなのに加え、和気を含んだ明るい眼光からも、高い官能性がうかがえる。

一方、白目と黒目の境界がくっきりとした清潔感のある眼相も特徴的で、狭めの目間(高い防御性)・長い眉(深慮で慎重)ともあいまって、淫蕩には流れにくい。男の意のままにはならず、難攻不落ということでは、妹・すずの方がまだ敷居は低い。

また、アリスは鼻筋がシャープで準頭(鼻頭)が尖り、神経質で、ベッドに上がってからもプライドが邪魔をして弾けにくく、手厚い前戯が必須の女相だ。

全般に仕事顔の女相

ただ、彼女は求める愛・受動愛を示す下唇がまくれ気味で、ひとたび性愛の愉楽を覚えると惑溺しやすい唇相ではあり、相手男性の手練や体の相性によってはガラリと様子(顔相も)が変わる可能性を秘めている。

現時点の【官能度】は、「3」寄りの「4」と観る。

尻軽相は、男縁が増す重要要素の1つだが、彼女はコレとはっきりした尻軽相がなく、モテ要素の底上げはないものの、明るい瞳が大きくプラスで、【モテ度】も「3」寄りの「4」。

素の表情の時の口は小さめながら、歯列のアーチが大きく、アゴの骨格もがっしりしており、見た目以上にタフで【スタミナ度】も「4」と高い。

生来的な膣道の断面と一致するとされる耳穴の下の溝が平凡で、後天的な名器性が現れる口元の締まりもややユルめながら、狭い目間が名器性を補っている。

また、耳廓(耳の内側の波打った部分)が出っ張っているのは、絶頂時の膣収縮の激しい相で、トータルで観て【名器度】は「2」寄りの「3」と判じる。

金甲(小鼻)の張りはよいものの肉が薄く、鼻孔も大きく、その鼻孔が正面からやや覗いており、浪費的な鼻相で家庭向きとは言えない。全般に仕事顔の女相で、【良妻度】は「3」寄りの「2」どまりだ。

【あげまん度】も、これといったあげまん相がなく、臥蚕が豊かになったのもマイナスで、「2」と低くなった。

劉飛昶(リュウ・ヒチョウ)
観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

あわせて読みたい