芸能

粗品、あの、岡村隆史…宮迫博之への“集団リンチ”に苦言「集団公開イジメでしかない」

宮迫博之
宮迫博之(C)週刊実話 

元雨上がり決死隊の宮迫博之が、芸能界から袋叩きに遭っている。もはや芸能人で味方など1人もいない状況だが、「さすがにやりすぎ」だと物議を醸している。

発端となったのは4月、『酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に出演した霜降り明星・粗品の発言だった。

【関連】宮迫博之が都知事選出馬へ!東国原英夫氏が打診を激白 政権放送を足がかりに「テレビ出演を取り戻す」 ほか

粗品は宮迫について、吉本興業を退所し、現在はYouTuberとして活動することから、呼び捨てで「先輩ちゃうあんなもん!」「もう辞めてんから」などとバッサリ。この発言は業界内外で大きな反響を呼び、以降、継続的に論争が繰り広げられることとなった。

これを受け、宮迫は翌週に動画をアップし、「会社を辞めたら芸人じゃなくなるんですか?」「名前を出してくれること自体がすごく感謝」と大人の対応で反論。ここに宮迫VS粗品の火蓋が切って落とされた。

5月28日に宮迫は、師匠であるYouTuber・ヒカルの誕生日イベントで、「エンジンかかってきた。粗品に言いたい!」「テレビに出てた時の俺を超えてから言え!」「『アメトーーク!』(テレビ朝日系)みたいな番組作ったっけ?」などと粗品に“口撃”をしかける。

これに対し、粗品は31日深夜の生放送ラジオ『霜降り明星のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、「まだ闇営業みたいな場所でやってる(笑)」「ヨダレ垂らして笑ったわ。知名度のある一般の方2人にそんな言っていただいて」「芸人じゃなくて、あんなもん一般人やから」など、皮肉を連発した。

このようにバチバチの2人だったが、事態は急展開を迎える。

白熱バトルから一転、宮迫が謝罪

宮迫は6月3日に『知名度ある一般人から、お話があります』と題した動画を投稿し、バースデーイベントでの発言について「本当に申し訳ございません」と謝罪したのだ。

態度を翻した理由は「嫁にめちゃくちゃキレられたから」と本意ではないこともにじませたが「色々、ラジオとかでナイナイとかも嫌な発言をさせてしまったので、それも申し訳ないなと思いつつ」「あのちゃんもお会いしたことないですけど、ホンマにすいませんでした」と苦言を呈して来たタレントたちに謝った。

そして、「もう勘弁してくれへんかな」「もうしんどいわ」「僕はもう、負けで」など敗北宣言したのだった。

「妻を理由に挙げていたが、本音では心が折れたのでしょう。動画でも触れていましたが、粗品と番組をしているあの、ナインティナイン岡村隆史など、芸能界から総攻撃を受けていましたからね」(芸能ライター)