芸能

橋本環奈、舞台ドタキャン連発でNHKが異例の措置!? “朝ドラ縛り”撤廃の動き

橋本環奈
橋本環奈(C)週刊実話Web 

橋本環奈が、ロンドンで5月に上演された舞台『千と千尋の神隠し』を、2回もドタキャン休演していたと判明し、波紋を広げている。秋から朝ドラヒロインの大役を控えているだけに、NHKは途中降板という最悪の事態を防ぐため、異例の極秘発令に踏み切ったという。

【関連】橋本環奈が激ヤセ!朝ドラ『おむすび』主演に向けて所属事務所から“減酒”指令か ほか

「橋本さんは、22年から上白石萌音さんとのダブルキャストで『千と千尋の神隠し』に出演。5月1日からロンドン公演に出演予定でしたが、いきなり同日、直前で登壇をキャンセルし、翌2日にXで《ご心配をおかけしました》などと謝罪したのです。ロンドン公演に5月29日まで登壇しましたが、何と23日の上演もドタキャンしたと、週刊文春が報じて騒然となりました」(芸能ライター)

文春によると、環奈の休演が告知されたのは開演の約15分前で、観客からは当然、不満の声が漏れたという。

超多忙な橋本環奈のスケジュール

「『千と千尋』は橋本さんと上白石さんに加え、川栄李奈さんと福地桃子さんも加わった4人のキャストで主人公・千尋役を務めている大作。その海外公演を2度も、明確な理由を示さず欠席するのは異例。文春によると、5月20日は、ロンドンで楽しそうに過ごしていたといいますから」(同・ライター)

確かに橋本は、昨年から超多忙だ。

2023年10月期に連続ドラマ『トクメイ!』(フジテレビ系)で主演。大みそかにNHK紅白歌合戦で2年連続となる司会を務め、今年3月放送の特番ドラマ『万博の太陽』(テレビ朝日系)でも主演をこなした。

そして今秋開始のNHK朝の連続テレビ小説『おむすび』は、4月中旬から福岡・糸島でクランクインしている。