芸能

宮迫博之が都知事選出馬へ!東国原英夫氏が打診を激白 政権放送を足がかりに「テレビ出演を取り戻す」

宮迫博之
宮迫博之(C)週刊実話

連日報じられる東京都知事選挙をめぐり、元雨上がり決死隊の宮迫博之が出馬するという衝撃的な一報が飛び込んできた。

「6月1日、NHKから国民を守る党の立花孝志代表が、宮迫の出席するイベントに乱入。壇上で札束を手渡すと、その後、Xへ《今直接、宮迫さんに、出馬打診しておきました(笑)》と投稿。翌日にも、乱入の動画をアップした一般ユーザーのポストに《東京都知事選挙に立候補するように 闇のお金をポケットに入れておきました》と引用で明かしています」(スポーツ紙記者)

【関連】宮迫博之、解雇後初のTV出演へ “事務所の影響力低下”が影響 本格復帰への「既成事実化」にも追い風 ほか

これに反応したのが、元宮崎県知事の東国原英夫氏だ。

東国原氏は3日夜にXへ《立花氏には申し訳無いが、僕は数ヶ月前に既に、宮迫君に対して、とある政治団体からの出馬要請をしている》とポスト。立花代表よりも先に、宮迫に出馬要請していたのだ。

不自然すぎたテレビ復帰“お蔵入り”の理由は選挙か

これまで、お笑い界には都知事を務めた青島幸男氏、大阪府知事を務めた横山ノック氏、選挙特番にも出演していた島田紳助氏、そして東国原氏と、政治と密接な芸人が数多く存在してきた。

他方で、宮迫に政治や社会派といったイメージはなく、要請されても出馬に踏み切るとはにわかに信じがたいだろう。

ところが、宮迫サイドは意欲的であり、すでに判断も固まっているというのだ。その一端は、先日の不自然すぎた“お蔵入り騒動”から垣間見える。

宮迫は5月28日のYouTubeにて、『匠の教室』(千葉テレビ)で5年ぶりの地上波復帰を果たすと報告し、収録の様子を公開した。

しかし局側は一転、30日に『ネットニュース等で報道されている宮迫博之氏出演について』との声明を公表し、《当番組の放送の予定はありません》と明言している。

「宮迫は31日夜に『地上波復帰が白紙になりました』との動画を投稿。動画には番組制作会社プロデューサーも出演し、4月23日に収録、コンプライアンスチェックを通過し、無事に納品したと経緯を説明しています。他方、ここまで来て異例の白紙になった理由は、『急に言われてしまったので、僕らとしても正直戸惑っている』など、奥歯に物が挟まったような言い方に終始している」(芸能ライター)

この歯切れの悪い言葉の裏にあったのが、宮迫の出馬だというのだ。