芸能

Number_iにまたもパクリ疑惑が浮上 1年足らずで5度目 TOBE盗作騒動に疑問噴出「炎上狙いとしか思えない」

平野紫耀
平野紫耀 (C)週刊実話Web 

一体、何度同じことをすれば気が済むのか…。

平野紫耀、岸優太、神宮寺勇太からなる音楽ユニットNumber_iが、盗作疑惑でまたもや物議を醸している。

6月に有明アリーナでライブを行うNumber_iは、公演に先立ち、ライブグッズとしてTシャツを販売。5月7日から公式ECサイトにて販売を開始し、即座に売り切れる大盛況ぶりを見せた。

【関連】Number_iのコーチェラ出演は失敗だった?海外フェスでの“アウェー感”ファンも否めず…「この経験が必ず次へと繋がるから」 ほか

Tシャツのデザインは、フロントの胸部分にグループのロゴがあしらわれている。背面は、根っこが露わになった盆栽のような松が、フレームからはみ出るように描かれたデザインだ。

「似てるという範囲超えすぎ」

物議を醸しているのは背面のプリント。松のデザインが、フラワーアーティスト・東信(あずままこと)氏の作品に酷似しているのである。

「東氏の作品は『式』というもので、根を丸出しにした松がワイヤーで宙吊りにされ、フレーム内で固定されたもの。Number_iのものは根や枝先が枠からはみ出していますが、その差はほとんどありません」(芸能ライター)

両者があまりに似すぎているためか、《検索したら東信さんの作品だった。Number_iのTシャツもそうなのかな》《流石にデザイン依頼されてるのでは? 似てるという範囲超えすぎ》など、公式なコラボだと感じるファンも相次いでいる。

だが、グループ・事務所ともに盗作疑惑を何度も起こしているため、《炎上狙いとしか思えない》《またお得意のパクリ》《デザインチーム変えた方がいい》《またパクったの?》など物議を醸している。