芸能

吉本の大看板に明暗?明石家さんま「悪夢再来」で炎上vs松本人志「悪夢脱出」で早期復帰の可能性も

松本人志
松本人志 (C)週刊実話Web 

明石家さんまと松本人志は、日本のエンタメ業界をリードしてきた吉本興業の大看板。だが、ここにきて共にトラブルが勃発し、その対応で明暗が分かれそうだ。

まずは、さんまを襲ったトラブルだが、きっかけは『ウエストランド』河本太が酒を飲んで起こしたタクシー運転手への暴行事件。さんまがラジオ番組でこのニュースに言及し、炎上した。

【関連】松本人志に「俺と釣り合うくらいの女にならなダメや」と言われた有名女優【週刊実話お宝記事発掘】 ほか

河本は『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に出演していたこともあり、さんまは「酒飲んでストレスもあるやろうから仕方ないと思うんだけど」とフォロー。その上で「もうもう、向上委員会にとってはものすごいおいしいことやから」といつもの軽口で応じてしまった。

『いいとも』では“東京妻”騒動も

「河本は酔っ払ってタクシー運転手に暴行を働いており、現場には警察が駆けつける騒ぎになっています。幸い被害届は出されず事件化はしていませんが、完全に河本に非がある上、相手は一般人ですからね。それを芸人の勝手な理屈で笑いのネタにして済ませようとする姿勢に批判が殺到しています」(芸能ライター)

身の回りの出来事を笑いのネタにするのは、さんまの芸風である。

実際、これまでも失言は多く、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の生放送では“東京妻”の関係者の名前をネタにして問題化したことがあった。

「銀座のホステスが“さんまの東京妻”として週刊誌に関係を暴露し、さんまはかなりの慰謝料を払ったといわれています。しかも、話はこれで終わらず、この女性絡みで競走馬の購入トラブルにも巻き込まれていたさんまは『いいとも』で関係者を示唆する言葉を叫んでしまった」(同・ライター)

この一件では“演歌界のドン”といわれた重鎮が乗り出す騒ぎにまで発展。さんまが頭を下げてようやく事態が収まったという。

「今回のトラブルはさんまにとって、まさにあのときの悪夢の再来です。さんま自身は気にしなくても、テレビ局やスポンサーはそうはいきませんからね」(同)

松本が抱える問題については、もはや説明不要だろう。

週刊文春が報じた性加害疑惑により、自ら活動休止を宣言して文春側を提訴。裁判の先行きは不透明で、その姿はテレビから消えたままだ。