芸能

八代亜紀さんの知られざる熱愛秘話②立教大学出の青年との“婚約破棄”【週刊実話お宝記事発掘】

八代亜紀さん(C)週刊実話Web 
八代亜紀さん(C)週刊実話Web 

2023年12月30日に73歳で亡くなった八代亜紀さん。1971年にデビューし、2年後には『なみだ恋』で紅白歌合戦に初出場。『雨の慕情』や『舟唄』といったヒット曲を連発し、〝演歌の女王〟となるまでの彼女には「2人の男」の存在が不可欠だった。当時の八代さんの熱愛を追った『週刊実話』の記事を再構成してお届けする。【昭和57年1月7・14日号掲載 年齢・肩書等は当時のまま】

当時の亜紀にも〝婚約相手〟がいた。

立教大学を出て、新宿のデパートに勤めた、郷里で有名なカマボコ店の息子と〝婚約〟していながら別れたのだ。

【関連】松田聖子「キスシーンにも挑戦します」アイドル脱皮宣言【週刊実話お宝記事発掘】 ほか

その〝婚約〟自体を疑問視する向きも多いが、カマボコ店を切り盛りする立大出の青年の母親は、こう言っていた。

「わたしは、ふたりが婚約したと受けとっていました。息子がまだ立大生のころ、亜紀さんを連れて帰宅して、将来は結婚するつもりだと言いますから、あちらのお母さんともお話しして婚約という形をとりました。ただ、その後は音沙汰がなくて…。結婚も入籍も本人同士のことですし、全て息子に任せていました」

この婚約を破棄したのも、N氏のいいなりになってのことだろう。

「生きているよろこび、感じます」

亜紀は、スター歌手になったことによって、他のスター歌手と同様、自分の収入を管理する会社『ミリオン企画』を設立する。

N氏が、それに関与したことは当然だ。そして、亜紀に乞われるままに、その取締役を引き受ける。

ふたりの半同棲生活は、それを契機に始まったわけで、噂をもとに女性誌の追及が始まったのも、その時点だったのだ。

事務所は、大田区の高級マンションを借りて設けられた。

4LDKと広かったが、二部屋は亜紀の私室とN氏の仕事場にあてられ、N氏はそこで過ごす日のほうが多くなる。

亜紀にとっても収入の管理会社の事務所となれば、ときどき立ち寄ればいいはずだった。

それなのに、連日のように姿を見せ、帰らぬ日も珍しくなくなった。

ふたり連れだっての買物が近所の評判になる。ふたりの半同棲生活はもはや、否めぬ事実として歌謡界をかけめぐる。

しかし、N氏は亜紀との結婚を強く否定し、亜紀もこう言った。

「わたしはね、結婚ということにはこだわらないで、同棲で十分だと思っているんですよ。ひとを好きになるというのは幸せでしょう。ひとに好きだと思われているときが生きているよろこび、感じますもんね」

N氏との半同棲生活の肯定だった。

『八代亜紀さんの知られざる熱愛秘話③両親も認めた“不倫同棲”』を読む

あわせて読みたい