トルコ大地震が警告!地震国・日本が抱える「2つの巨大断層」に見る“危険地域”

2月6日、トルコ南東部で発生したマグニチュード(M)7.8の巨大地震は、これまでに4万1000人以上が死亡(2月15日時点)。現地ではいまだに救助活動が続いているが、この惨事はわが国にとっても対岸の火事ではない。大地震が頻発する仕組みが、ひどく似通っているからだ。 その最大の類似点は、断層の複雑さだといわれている。日本同様、世界有数の〝地震国〟であるトルコには「アナトリアプレート」、「ユーラシアプレート」、「アラビアプレート」、「アフリカプレート」なる4つのプレートがせめぎ合い、これま...