芸能

『ちむどんどん』“粗相”が酷すぎ!「食べ物を粗末に」「汚い食べ残し」

NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』で、食べ物の扱いを巡り視聴者から怒りの声が殺到している。 同作は、1964年、まだアメリカ統治下だった沖縄の「やんばる地域」を舞台に、主人公・比嘉暢子(黒島結菜、幼少期=稲垣来泉)が、…

本文を読む