エンタメ

漫才を諦めさせた元弟子・松田君~島田洋七『お笑い“がばい”交遊録』

吉本にいる頃、毎月1週間、なんばグランド花月の舞台にB&Bとして立っていました。 ある日、楽屋でくつろいでいると「弟子にしてください」と松田君という子が弟子志願に来た。漫才師にしては男前だったので「俳優のほうがええんちゃ…

本文を読む