日本全国☆釣り行脚 (C)週刊実話Web
日本全国☆釣り行脚 (C)週刊実話Web

『ミナミクロダイ&ギンガメアジ』沖縄県石垣市/浜崎産~日本全国☆釣り行脚

小さな流れ込みの河口で小ぶりなゴマフエダイと戯れたり、美しい海岸で潮干狩りを楽しんだりと、個人的には楽しい石垣島釣行となっております。貧乏性のワタクシですから、大物でなくとも、こんな分相応な釣りやお遊びで十分に満足なのです。とはいえ、せっかくの石垣島ですから、もうちょっとまともな釣りもやっておきたいところ。


【関連】『アラスジケマンガイ&ヤエヤマスダレ』沖縄県石垣市/名蔵アンパル産~日本全国☆釣り行脚 ほか


そこで、日没とともに投げ竿を担いで浜崎マリーナへとやってまいりました。市街地からも程近い浜崎エリアは、港湾部ながらにタマン(ハマフエフキ)やガーラ(ヒラアジ類)の実績も聞かれる、お手軽かつ夢のあるポイントです。


到着すると平日の夜とあってか先客はおらず、いそいそと護岸の角に荷物を下ろして準備開始。スーパーで購入したアルゼンチン産赤エビをブツ切りにしてハリに掛け、適当に仕掛けを投げ込みます。強く引かれた際に糸が出るよう、リールのドラグを緩めたら、あとはアタリを待つばかり。1本竿では心もとないので、同様の仕掛けを付けた投げ竿をもう1本ブッ込んで、2本態勢でアタリを待ちます。


と、程なくジィーッ! とリールから糸が出される音が鳴りました。思いのほか早いアタリの到来に胸を高鳴らせつつ、緩めていたドラグを締めてから合わせます。グンッ! と、程よい重量感とともに伝わる鋭い手応えを楽しみながらリールを巻き、エイヤッとそのまま抜き上げて手にしたのは、30センチほどのミナミクロダイです。


幸先のよい釣果と食べ頃な大きさに「こいつはバター焼きに丁度いいわい♪」と、血抜きを施していると、今度は隣の竿からジッ! ジジッ! と断続的なドラグ音。珍しく開始早々から絶好調です。

クロダイ好釣ガーラもヒット

ところが、前アタリの後に、勢いよく糸が出される本アタリが来るはずなのに一向に音沙汰がありません。「エサを取られただけか?」と、一応点検のためにリールを巻き始めると、糸がずいぶん緩んでおります。そのまま糸フケを取りつつリールを巻くと、いきなりギュンッ! と竿先が絞り込まれました。どうやらハリ掛かりした魚が、手前に泳いできていたようです。


やりとりに入ると、先ほどのミナミクロダイよりも疾走感のある手応えで、右に左にとずいぶん走ります。やがて足下に見えた魚体は、またしても銀白色。でも、ミナミクロダイよりもやけに銀白が強いような…。念のため玉網を伸ばして取り込んでみると、当地ではガーラとも呼ばれるギンガメアジでした。刺身にして旨い魚なのでこれは嬉しい1尾です。


その後もアタリは続き、30センチほどのミナミクロダイが好調にヒット。とはいえ、すでに刺身とバター焼きの食材は確保しているのでリリース。こうなると欲が出るもので、今度は何か南国らしい魚を…と釣り続けることしばし。ジィーーッ!! 突然けたたましくドラグ音が鳴り響きました。竿尻は浮き、さらにジィーーッ! と勢いよく糸が出ます。


そうよ! こういう激しいのを待っていたのよ! と竿に駆け寄り、リールの逆転スイッチをオフ。ドラグを締めてから、しっかりと竿を煽るとズンッ! とハリ掛かりです。

最後に大物豪勢な晩酌

断続的に投げ竿を絞め込む力強い引きに糸を出し、寄せては出しての慎重なやりとりで足下まで寄せ、ライトで照らす海面に見えてきたのは…またしてもミナミクロダイです。贅沢な話ですが、南国らしい派手な魚を期待しただけに少々ガッカリ。とはいえ、今日一番の良型ですから、丁寧に玉網ですくって無事確保。護岸に上げてメジャーを当てると45センチと、まずまずの大きさです。せっかくなのでこれも刺身にして、たまには豪勢な晩酌といきましょう。


名前に〝ミナミ〟の付くミナミクロダイですが、内地のクロダイとほとんど変わりはありません。当初の予定通り、小型はバター焼き、良型を刺身にしたところ、クセのない白身のバター焼きはホクホクと香ばしく、ビールとの相性も抜群。そして刺身。これが思いのほか脂乗りがよく、甘味の感じられる刺身は意外と言ってはあれですが、なかなかに美味です。そしてギンガメアジ。コリコリと歯ごたえよく、アジ科特有の旨味も濃く感じられて安定のおいしさです。