広末涼子 (C)週刊実話Web
広末涼子 (C)週刊実話Web

広末涼子、女優としても女性としても正念場 インスタ開設でゼロからのスタート

「女優としても女性としても〝正念場〟を迎えました」(芸能レポーター)


女優の広末涼子が、2月16日付で所属事務所フラームを退社し、独立を発表した。


「今後は自分のイニシャルを模した個人事務所R.Hで活動します。昨年6月に発覚した鳥羽周作氏との不倫騒動により無期限謹慎処分を受けましたが、独立でこの処分も消えました」(芸能ライター)


【関連】広末涼子“インスタ開設”もフォロワー伸びず…秘策は今カレへの直筆ラブレター公開か ほか


ただ、活動は再開しても復帰は茨の道となりそうだ。


「かつてはCM女優としての地位も築いていましたが、現在の広告価値は非常に起用しにくいので0円です」(広告代理店関係者)


もちろん、良きママという女優像も完全崩壊した。

篠田麻里子をお手本にするべき?

「かつてのような、主要な役どころでの起用は難しいでしょう。むしろ、スキャンダルを逆手にとって体当たりで挑めば、新境地を切り開けるかもしれません。手本とすべきは、元『AKB48』の篠田麻里子です」(テレビ局関係者)


広末と篠田はともにベストマザー賞を受賞するも不倫疑惑が報じられ、世間の注目を集めた。


「篠田は今クールの連ドラ『離婚しない男』(テレビ朝日系)に不倫妻役で出演。放送コードギリギリの演技で大きな話題になり、新境地を開きました」(前出・芸能ライター)


周囲の目を知ってか知らずか、広末は先頃、自身のSNSに動画を投稿。「がんばります」とのコメントと共に、全身白のコーディネートでスタジオ撮影に臨む様子を公開した。


「〝白〟とは、もう一度〝まっさら〟になって仕事をしますという彼女なりの意志表示。ゼロからのスタートという意味でしょう」(前出・テレビ局関係者)


現在のインスタグラムフォロワーは、5.1万人ほど。これから再起をかけた活動が始まる。