ザ・タブー

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・福原遥

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・福原遥
噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・福原遥 (C)週刊実話Web

今回は、女優(元子役)・声優・歌手・モデルと多方面で活躍中の福原遥。新春2夜連続ドラマ『教場Ⅱ』(フジテレビ系)では生徒役を務め、連続ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)にも出演している。

女優としては顔相がおとなしく(特に鼻相と口相が弱い。後に詳述)、どちらかといえば家庭向きの女相で、子役時代の方が顔に肉付きがあり、目の輝きが強く、頬骨も出ていて、タフで押し出しの強い顔相だった。

大人になるとともに眼光が柔和になり、女らしさが増した分、鼻と頬が痩せ、がむしゃらさやスタミナの面でダウンしている。

性感・性欲のバロメーターとなる臥蚕(下瞼の三日月形の部分)の膨らみが豊かで、艶を含んだ眼光からも、エロスの準備は万端整った娘盛りの女相だ。

彼女は求める愛・受動愛を示す下唇がぽってりと厚く、与える愛・能動愛の上唇が薄いので、性愛の場面では受け身一方で甘えたいタイプ。上唇側の口元の肉付きも薄く、(セックスに限らず万事に)面倒見がよいとは言えず、やや自己中だ。

眉間が狭く、鼻の肉付きが薄くて準頭(鼻頭)も尖り気味なのは、神経質かつ癇性で、丁寧な前戯が必須。口相に勢いがない割に歯が大粒なのは、(自身には繊細でも他者には)ガサツで、相性としては、性愛に関しても生活面でもかなり年上の男性が良好だ。

短い鼻下はモテ相の代表格で、眉尻の下がった優しい眉相もプラス要素。また、彼女はこれといった尻軽相はないものの、ユルい口元に押しに弱い一面が現れていて【モテ度】を底上げしている。【官能度】【モテ度】は、ともに「3」寄りの「4」と観る。

鼻相の弱い女性は“愛人的”に扱われがち…

歯列のアーチは大きめながら、小口で口相に勢いがなく、金甲(小鼻)も乏しくて、【スタミナ度】は「1」寄りの「2」と低い。

生来的な膣道の断面と一致するとされる、耳穴の下の溝が深くて狭い名器相。一方、後天的な名器度が現れる口元の肉付きと締まりがともによいとは言えず、トータルで観て【名器度】は「3」。

すっきりした口元と弓なりの眉があげまん要素ながら、乏しい金甲と豊かな臥蚕がマイナスで、肝心の眼形もあげまん相(上がり目)ではなく、【あげまん度】は「2」。

女性度の高い顔相で、その分、良妻性は高く、濃い眉も情に厚く、プラス要素。惜しむらくは頬の肉付きが薄いことで家庭運を落としており、【良妻度】は「4」寄りの「3」となった。

女ヘンに鼻と書いて「嬶」で、鼻相の弱い女性は「妻の座」が貧弱なため、相思相愛の相手に強く結婚を迫れなかったり、相手男性から愛人的に扱われたりしがち。結婚の機が熟せば、仕事を犠牲にしてでも強く出ることも必要な女相だ。

劉飛昶(リュウ・ヒチョウ)
観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

あわせて読みたい