エンタメ

橋本真也「許さないぞ!アントニオ猪木」~一度は使ってみたい“プロレスの言霊”

「許さないぞ!アントニオ猪木」橋本真也
「許さないぞ!アントニオ猪木」橋本真也 (C)週刊実話Web

プロレスファンに語り継がれる小川直也VS橋本真也の〝1・4事変〟だが、その真相は20年以上が経過した今も明らかになっていない。橋本はこの試合後にアントニオ猪木との決別を言明したが、その後に復縁したり、また絶縁したり、あるいは仇敵の小川と組んでみたり、どうにも一筋縄ではいかないのだ。

「真実はいつも一つ」とは人気漫画『名探偵コナン』の有名なセリフだが、しかし、現実において白黒がはっきりすることは意外と少ないものである。

1999年1月4日、東京ドームでの小川直也VS橋本真也。ファンや関係者の間ではいまだに「伝説のシュートマッチ」などと言われているが、これにもやはり別の見方はある。

当時、新日本プロレスの役員として、小川が所属していたUFO(世界格闘技連盟)との交渉役を担っていた永島勝司氏は、その試合後に小川から「俺は何もやっていないですからね」との電話を受けたという。

つまり小川は、あくまでもUFOの定義におけるプロレスをやっただけのことであって、決して橋本を潰そうという意図があったわけではないと、わざわざ釈明したわけだ。

シュートマッチではなかった!?

小川のコーチ役がシューティング(現・修斗)の創始者である佐山聡、UFOでの対戦相手がドン・フライやジェラルド・ゴルドーといった格闘家たちであったことから、そのファイトスタイルは総合格闘技風ではあったが、橋本戦の時点までに小川がやってきた試合は、あくまでもプロレスの範疇のものだった。

しかし橋本は、以前の対戦時とは異なる小川の試合ぶりから「仕掛けられた」と受け取り、それで腰が引けてしまった結果、小川が一方的に攻める展開になってしまった。これが永島氏の見解である。

確かに、かなり説得力のある推測だろう。

世界柔道選手権で4回も優勝している小川が、本気で橋本を潰すつもりがあったなら、投げ技や関節技で深刻なダメージを与えることもできただろう。また、マウントパンチを喰らい続けたはずの橋本の顔は、試合後の会見を見た限り、さほど腫れた様子もなかった。

とはいえ、総合格闘技の試合においても、腕関節をとっていきなり折りにいく選手はなかなかいない。マウントパンチにしても、ガードに徹すれば急所を外してダメージを軽減することも可能であろう。

橋本の入場時に小川がマイクを取って「死ぬ気があるなら上がってこい!」と叫んだのは、プロレス的には掟破りの行為であるが、本当に仕掛ける気があったなら、そういう派手な〝あおり〟をせずに、だまし討ちをするのではという見方もありそうだ。

試合後の乱闘で新日勢がUFOの村上一成(現・和成)にリンチを加え、意識不明にまで追い込んだところを見ると、セコンド陣はリング上での惨劇をシュートマッチの結果と受け取っていたようにも思える。

しかし、これもうがった見方をすれば、柔術家の村上がプロレスにおいてはまだ素人であったことから、いろいろと行き違いがあった結果のことだったと言えなくもない。

小川が本当にセメントを仕掛けたのであれば、橋本としては再戦を受けなかっただろうし、新日としてもそんな危なっかしい選手は起用しないとも考えられる。ただ、そうした事実がありながらも、新日の創業者である猪木の顔を立てて、小川を起用せざるを得なかったのかもしれない。

結局のところ、あの小川VS橋本はガチンコだったのか、プロレス内の事故的なものだったのか。すべての関係者の証言を集めてみても、おそらくその真相は分からないだろう。

不透明な試合の裏にアントニオ猪木の思惑…

一つ確かなことは、不透明な試合になった裏に、UFOの総帥であった猪木の思惑が見え隠れしていたことだろう。

この件においては被害者とも言える橋本も、試合後の会見では「絶対許さないよ。そういうファイトで来るんなら俺もやってやるよ。何がアントニオ猪木だ!」「許さないぞ! アントニオ猪木」と、対戦相手の小川よりも、その背後にいる猪木への怒りをあらわにしている。

では、猪木の思惑とはいったい何であったか。

橋本に完勝させることで、小川を新日に出場させることの価値を上げようという狙いは当然あっただろう。

また、プロレス界を活性化させたいという純粋な思いと同時に、そうすることで猪木自身の存在をアピールすることにもなるし、小川をマネジメントしていた猪木事務所に、高額のファイトマネーが入ることにもなる。

そしてもう一つ見逃せないのが、同日に新日初登場となった大仁田厚の存在だ。小川VS橋本の3試合前で佐々木健介と対戦した大仁田は、事実上、このドーム大会で最も注目されていた選手でもあった。

「大仁田嫌い」で知られる猪木が、その存在感を消し去るため、小川に暴走ファイトを命じたという線は十分に考えられる。

案外、そういった他人から見ればつまらないところに、真実は隠されているものなのだ。

《文・脇本深八》

橋本真也
PROFILE●1965年7月3日生まれ~2005年7月11日(40歳没)。岐阜県土岐市出身。身長183センチ、体重135キロ。得意技/垂直落下式DDT、袈裟斬りチョップ、各種キック。

あわせて読みたい

  • [特集] 一度は使ってみたい“プロレスの言霊” 記事一覧
  • [New] 蝶野正洋『黒の履歴書』~橋本聖子会長の暴露に期待
  • [New] 蝶野正洋『黒の履歴書』~結婚するなら60歳以上の熟女
  • [New] 川田利明「俺だけの王道」~一度は使ってみたい“プロレスの言霊”
  • [人気] 蝶野正洋『黒の履歴書』~女性アスリートの性的画像問題
  • [人気] ラッシャー木村「今度おまえのことをアニキと呼ばせてくれよ」~一度は使ってみたい“プロレスの言霊”
  • [話題] アニマル浜口「気合だ~!」~一度は使ってみたい“プロレスの言霊”