芸能

田中みな実ビンビン意識!? 鷲見玲奈が追う「女子アナ⇒女優」の一本道

田中みな実をライバル視!?  鷲見玲奈の今後の女優業の行方は
田中みな実をライバル視!?鷲見玲奈の今後の女優業の行方は (C)週刊実話Web

フリーアナの鷲見玲奈が1月12日、自身のツイッターを更新。女優業に初挑戦した10日放送の日本テレビ系ドラマ『アプリで恋する20の条件』でのキスシーンの撮影エピソードを明かした。

マッチングアプリでの恋愛をテーマにした同ドラマ。鷲見は「ヤリモク(=性行為を目的とすること)」を公言する遥斗(野村周平)とアプリで出会い、思わせぶりな態度で翻弄する女性・三上咲子を演じ、キスシーンにも挑戦した。

鷲見はツイッターでキスシーンについて、《緊張よりも、一発勝負の緊張感がすごかったです》と告白。続けて《ちなみに、タクシーでのシーンは、台本では〝おでこにキス〟だったのですが、現場でおでこはちょっと難しいね…となり、監督の提案でほっぺたに変わりました》と説明した。

相手役の野村周平“フル硬直”!?

「鷲見といえばテレビ東京時代、マッチングアプリを活用して彼氏を見つけたことを報じられただけに、話題になることは必至と、あえてオファーを快諾したようですね。さらにイケメン好きということも知れ渡っていますから、おそらく野村もストライクゾーン。ついつい演技にも熱が入ってしまったのでは。あの色気で迫られたら、野村も〝フル硬直〟間違いなしでしょう」(芸能記者)

11日放送のフジテレビ系『痛快TV スカッとジャパン~今年話題の人が新悪役SP』には、ハンバーガーショップの店員役で出演し、インスタグラムではお色気たっぷりのユニホーム姿を披露している鷲見。どうやら、今後上がるべき〝土俵〟は決まったようだ。

「女子アナから女優への転身といえば、田中みな実。昨年には、売れっ子女優を多数抱える事務所への移籍を果たしました。一方で鷲見は、学生時代に女優志望だったこともあり、みな実に対してはメラメラとライバル心をたぎらせているようです」(同・記者)

新たなバトル勃発か!

あわせて読みたい