(画像)Asier Romero / shutterstock
(画像)Asier Romero / shutterstock

モザイク越しにうっすら…“謎の温泉女子”ユーチューバーの動画がギリギリすぎる!

日本各地の名湯や秘湯をめぐる〝謎の温泉女子〟ユーチューバー『湯女ゆな』の動画が「過激すぎる」と話題になっている。


7月7日の七夕に『【温泉女子】静岡県熱海市の貸切露天風呂にお邪魔しました。』のタイトルでYouTubeデビューした湯女ゆな。入浴シーンがあまりにセクシーだと口コミで広まり、この初回動画だけで再生回数68万回を超える人気となっているのだ。


【関連】“黒船”リア・ディゾン超える!? 海外美女ユーチューバーの超過激「水着動画」 ほか


[hidefeed] [/hidefeed]


その後、わずか2ヵ月足らずでチャンネル登録者数10万人を突破。静岡県熱海市にある貸し切り露天風呂を紹介した8本目の動画では、冒頭から白のランジェリー姿を披露し、男性ファンを大喜びさせている。

“無修整”の有料動画も

《ゆなちゃんの最新動画キター。この子、顔は見えないけど漂う色気がたまらないね。しかもめちゃくちゃスタイルがいい!》


《タオル巻きしてるけど、うっすらと透けてる! やべぇ、エロすぎるわ》


《今までいそうでいなかった温泉ユーチューバー。白の下着がそそるわ~》


《湯あみ着が濡れてスケスケになってるなw これYouTube的にギリギリだろ~》


《ゆなちゃんの下着を見るのが楽しみ。次回の更新が待ちきれないぜ》

入浴時もマスクを外さず、肝心の部分はモザイク処理されているが、推定D級のバストと抜群のプロポーションを武器に「YouTubeのガイドライン」ギリギリを攻め、最新動画は9月16日時点で231万回という驚異の再生回数を記録している。


「湯女ゆなは、YouTubeに投稿した動画の〝無修整版〟を会員制のプラットフォームで販売しているようです。YouTubeの動画は、この有料コンテンツに誘導するための〝呼び水〟ですが、モザイク付きでも十分楽しめますよ」(ネットライター)


過激な〝本番動画〟がネットにあふれる中、見えそうで見えない方がコーフン度は高いかも!?