エンタメ

全速ターン!『ボートレース』情報~「PGⅠクイーンズクライマックス」注目選手【後編】

全速ターン!『ボートレース』情報~「PGⅠクイーンズクライマックス」注目選手【後編】
全速ターン!『ボートレース』情報~「PGⅠクイーンズクライマックス」注目選手【後編】 (C)週刊実話Web

先週に引き続き『プレミアムGⅠクイーンズクライマックス』の注目選手について記したい。今週は遠藤エミと守屋美穂だ。

まずは守屋。女子の獲得賞金トップで選出された2020年クイーンズクライマックス。浜名湖水面での通算勝率は24場の中でトップと相性はいい。今年は江戸川、びわこ、若松、常滑で優勝、その他のレースでも結果を残し、実に安定感のある1年をすごした。

過去には一昨年のレディースチャレンジカップを制覇、また、昨年は男女混合GⅡでの優勝と、確実に女王への階段を上っている。そして迎える本番。女子最高峰のレース制覇へ、トップ選出の今回は大きな期待が集まる。

遠藤エミ“大爆発”の可能性も…

次に遠藤はどうか。遠藤と云えば「女子のエース」を嘱望されているが、後輩の台頭にやや押され気味な感は否めない。今年は8月の大村ヴィーナスシリーズの優勝1回とやや寂しい戦績。ただ、その攻撃力は変わらず女子トップクラスであり、女子相手で引けを取ることはないが、心配なのが浜名湖との水面相性である。

過去15節走って2優出で、優勝はゼロ。「攻めるスタイル」を貫く遠藤だけに、広い水面である浜名湖でこの結果は意外だが、ポテンシャルはあるだけに大爆発の可能性を秘めている。17年以来、二度目のクイーンズクライマックス制覇へ、初日からの戦いぶりは必見。

大みそかのファイナルに向かって、どんなトライアルになっていくのか、1走1走から目が離せない!

あわせて読みたい