川口春奈 (C)週刊実話Web
川口春奈 (C)週刊実話Web

川口春奈、年内に結婚?所属事務所も“稼げる後輩”育成にシフトチェンジか

女優の川口春奈が新型コロナウイルスに感染したことを、所属事務所が7月12日に公式サイトで発表した。


「本日発熱の症状が見られたため、医療機関でPCR検査を受検したところ、陽性であることが確認されました」


今後は、保健所などの指示に従い、一定期間の療養と経過観察に入るという。


【関連】川口春奈『はま寿司』格安に大騒ぎCMにツッコミ続出「さすがにこれは恥ずかしい」 ほか


「川口のコロナ感染によって心配されているのが、交際中の格闘家・矢地祐介への影響です。すでに同棲状態と言われているだけに、〝濃厚接触者〟に指定されてもおかしくない。矢地は直近で試合が組まれていませんが、川口との交際発覚後は連敗続きで人気が急落。ユーチューバーとしての活動が主な収入源とみられているだけに、感染してしまえば動画の撮影すらできなくなってしまう恐れがあります」(スポーツ紙記者)


矢地のインスタのコメント欄には、《コロナ大丈夫?》、《濃厚接触者になってませんか?》などの声が寄せられているが、14日昼すぎの時点でノーリアクションを貫いている。

福原遥と吉川愛の台頭

「そもそも、川口の事務所は矢地との交際に反対していました。沢尻エリカの代役に抜擢されて以降、彼女の仕事環境は激変。CMなども急増し、今や稼ぎ頭の一人ですからね。対する矢地は、交際当初こそRIZINでも人気選手でしたが、連敗が続いたことで大きな大会には呼ばれなくなっている。あまりの格差がついてしまったため、矢地が〝ヒモ状態〟に陥ることを心配しているのです」(同・記者)


一時は川口の事務所が別れさせようとしていたようだが、川口はまったく聞く耳を持たなかったという。


「それどころか、2人はゴールインに向けて一直線のようだ。もともと格闘技に興味などなかった川口も、『私が支えるので、彼が納得の行くまで(現役を)やってほしい』と親しい関係者に打ち明けているそうですから」(芸能プロ関係者)


川口の事務所もあきらめ気味で、〝次のシフト〟に移行しているようだ。


「川口の事務所には、先輩女優の山口智子や天海祐希、菅野美穂らもいるが、それぞれ仕事はマイペース。そこで、川口なみに稼げる後輩女優の育成に力を入れているんです。その努力の結果、福原遥が本年度下期のNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』のヒロインに、吉川愛も今月スタートのフジテレビ系ドラマ『純愛ディソナンス』のヒロインに、それぞれ抜擢されている。これで、川口が結婚して仕事をセーブしても、ある程度カバーできる道筋は見えた」(同・関係者)


年内に〝電撃発表〟があるかもしれない。