ザ・タブー

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~タレント・川島海荷

劉飛昶の淫相学“新”SEX診断~タレント・川島海荷
劉飛昶の淫相学“新”SEX診断~タレント・川島海荷 (C)週刊実話Web

今回取り上げるのは、歌手で女優の川島海荷。ドラマ『僕らは恋がヘタすぎる』(テレビ朝日系)では、白洲迅とダブル主演を務めている。

丸目の軽眼(目が大きい)で、黒目も大きく、目に輝きがあって(いずれもモテ相)、明朗で感情豊かな心性だ。

垂れ型の眼形と主張の強くない鼻相に、最終的に男につき従う高い女性度が観て取れ、異性受けはいたってよく、男縁は多いだろう。

一方、狭い田宅(上瞼)と狭めの眉間、やや強い目力に防御の堅さが現れていて、バランスの取れた女相と言える。

性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の三日月形の部分)の膨らみがほどよく、情愛の濃さが現れる唇は、どちらかというと薄めで、性感・性欲のポテンシャルも中庸を得ている。

眼光に清潔感があって淫を感じさせず、現時点の【官能度】は「3」寄りの「4」。

ちなみに、垂れ目女性は低い絶頂が長く続く傾向があり、じっくりと時間をかけて交わり、反応を楽しみたい男性には垂涎の女相だ。

前述のようにモテ相は多いものの、眉間狭・田宅狭・目力強の抑制が利いている。口元がややユルいぶん尻軽性がプラスに作用して、【モテ度】も「3」寄りの「4」。

口が小さめで口相に勢いがなく、金甲(小鼻)の張りも弱く、一見、淡泊そうだが、エラや頬骨の骨格はガッチリしており、やや猪首(太くて短い)で、意外と男性的な骨格の持ち主だ。

身体は(絶倫というより)いたって頑健で、弱い精力を補っており、【スタミナ度】は「3」と観る。

肝っ玉母さんタイプのたくましいキャラ

膣道の断面と一致するとされる風門(耳穴の下のミゾ)が狭くて、小さい名器耳。

その反面、後天的名器度を示す口元の肉付きが豊かとは言えず、素の時の口元もユルみがちで、【名器度】は「4」寄りの「3」。

バラエティー番組での自然にゆるくカーブした眉と、すっきりした口元があげまん相ながら、乏しい金甲、豊かな臥蚕がマイナス要素。眼形もあげまん相(上がり目)の逆で、【あげまん度】は「2」となった。

総じて女性度の高い顔相で、比例して良妻性も高い。顔の肉付きがよく、エラや頬骨に肉が巻いて丸みを帯びているのは好相で、広い頬は母性愛の豊かな家庭運のよい相だ。

正面から鼻孔が覗かず、その鼻孔も小さくて、やりくり上手で家庭の秘密を漏らさない、いい奥さんになれる。

惜しむらくは、口角が下がって覆舟口(陰気でグチっぽい相)になりがちなことで、それでも【良妻度】は「4」と高い。

太い鼻筋は打たれ強い気質で、アゴ先が尖らず角張っているのは、根性のある努力家の相。猪首はエレガントさには欠けるも長寿の相で、中年以降は肝っ玉母さんタイプのたくましいキャラになる女相だ。

劉飛昶(リュウ・ヒチョウ)
観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

あわせて読みたい