芸能

夏目三久『あさチャン!』の“淡々としたMC”で評価され人気上昇中!

穏やかなキャラがコロナ禍で好かれた?
穏やかなキャラがコロナ禍で好かれた?夏目三久 (C)週刊実話Web

フリーアナの夏目三久の評判が、あらためてウナギ上りだという。現在、朝6時から始まるTBS系の情報番組『あさチャン!』にMCで出演中。その話しぶりが再評価されているのだ。

「朝だけでなく、昼、夜の情報番組でも新型コロナをあまりにあおり過ぎ。視聴者だって過剰に騒がれると、余計に不安になるというものです。その点で夏目は落ち着いているだけでなく、穏やかに話すところが好感。見ていて疲れないんです」(女子アナライター)

夏目は元日本テレビの局アナ。身長168センチの長身でスリム体形なのに、推定バストサイズ88センチの豊乳。男性人気は抜群だった。ところが2009年、ベッドで避妊具を持っている写真が流出。元カレの仕業だったようだが、これで評判ガタ落ちに。

「週刊誌には避妊具の名前を取って〝サガミちゃん〟と書かれる始末。同時に女性上司の逆鱗に触れ、出番は完全に剥奪。その後、復活したものの、シコリが残って退社となりました。4年に満たない局アナ生活でしたね。美人で読みも丁寧。もし今も在職していたら、間違いなく日テレのエースでしょう」(同・ライター)

11年にフリー転身。14年から『あさチャン!』に出演している。

「避妊具写真より驚いたのが、16年のスポーツ紙Nによるスクープ。お笑いタレントとの妊娠、結婚を報じたのですが、これが誤報で大騒ぎになった。夏目は他のスポーツ紙で涙の否定。一件落着となったものの、精神的なダメージは相当だったと聞きます」(週刊誌記者)

『グッとラック!』とは真反対の『あさチャン!』

それ以来、夏目はMC番組で、他人の恋愛ニュースを語らなくなった。

「自分が嫌な思いをしたから、人のことは言わないのだそう。MCとしていいのか悪いのか、賛否はありますけれど…」(前出・週刊誌記者)

ゴシップを追わない…過激なしゃべりナシ…、これが『あさチャン!』の低迷につながった。視聴率2%前後を記録し、当然ながら打ち切り説も出た。

「しかし最近、4%台に乗せるなど好調なのです。一方、夏目の後に続く朝8時からの『グッとラック!』が大不評。批判ばかりで実のない立川志らくの司会、ロンブー・淳のコメンテーターが嫌われ、3月で打ち切り予定です。今や温和な夏目の司会を見て、志らくと淳の時間になったら番組を変えるのが常識だとか。夏目も何が幸いするか分かりませんね」(テレビ雑誌編集者)

まさにコロナ禍転じて福と言えそうだ。

あわせて読みたい