水野真紀 (C)週刊実話Web
水野真紀 (C)週刊実話Web

水野真紀“ブルマー写真”が大反響「同級生になりたかった」「美しさは完成されてますね」

女優の水野真紀が、5月29日にインスタグラムを更新。「ブルマー写真」を公開し、話題になっている。


「リレー少女の勇姿」と題し、小学生時代の写真を公開した水野は、「スポーツの日(旧 体育の日)は秋ですが、小学校時の運動会は5月開催でした」と、赤いはちまきにゼッケン姿の運動会ショットを披露。


【関連】水野真紀“秘蔵の水着写真”公開で男性ファンを悩殺!「熟女ビキニ・ブーム」の最終兵器 ほか


「何せ3/28生まれ、クラスで一二を争うおチビちゃんでした」と明かした上で「でも、走る・跳ぶは得意でしたの」とつづり、「今やオリンピック観て『膝は大丈夫⁉️』と心配してしまう〝お年頃〟」とオチをつけた。


当時からの美少女ぶりに、フォロワーは大コーフン。

《むちゃかわいい♡♡同級生になりたかったぁ〜》


《もう美しさは完成されてますね!》


《やはりどことなく面影がありますね まだまだこれからですよ》


《可愛くて運動もできていたなんて、きっと小学生の頃からすでに人気者でしたね》


《かわい~い 体操着、あ~こんな感じだった!と思い出しました。小さくて運動神経ありなんて、羨ましい》

過去にも「スク水」姿を公開

5月末の投稿では、出演番組で着用したノースリーブのトップスと清楚なスカートのエレガントなコーデを披露。なんと「画像加工」も自ら明かし、ユニークなコメントを添えていた。


「洋服にピアスにヘアメイク、素敵すぎて『なんも言えねえ』 無料修正アプリ、優秀すぎて『なんも言えねえ』」


今年3月に52歳になった水野だが、ブレークしたCMの「きれいなおねえさん」のイメージそのままに年を重ねている。


「画像加工は冗談かもしれませんよ。ピアスをアップにした写真では、目元のシワもそのまま投稿していますから。同年代の女優やタレントは画像加工しすぎて完全に別人ですからね(笑)。彼女たちは整形もバレバレなのに、水野からはそういった雰囲気は微塵も感じない。もとからの美人と〝造られた美人〟は年をとるとこうも違うのかと、しみじみ思い知らされます」(芸能記者)


過去には「スクール水着」や「成人式の振り袖」姿も披露している水野。次はどんな秘蔵写真を公開してくれるのか楽しみだ。