芸能

テレ朝・森川夕貴アナのお魚クッキングがエロ過ぎて悶絶!

「ついにここまできたか!」と、女子アナファンを喜ばせたのは、テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル【動画、はじめてみました】だ(現在は削除済み)。

「『報道ステーション』に出演中の森川夕貴アナのレギュラーシリーズ、【森川夕貴、巨大魚をさばく】のエッチな悪ノリぶりがエスカレートしており、毎回、男の劣情を刺激しまくりの映像となっているんです。11月29日にアップされた最新動画が、その限界を突破したと話題になっています」(女子アナライター)

森川アナが挑んだのはアカヤガラ。刺身でも鍋でもおいしい、知る人ぞ知る高級魚だが、細長い頭部のビジュアルが強烈に特徴的。

「頭部の色といい、太さといい、硬さといい、ちょうどアレと同じくらいですからね。その先端に顔を寄せて指でつまんで目を輝かせる姿は、想像以上に大きく成長していた息子のソレに驚き喜び、つい、むしゃぶりついてしまう〝母子モノ〟に出演する女優の姿のよう。頭部を切り離すためにグッと握りしめると、もうそれは立派な先導シーン。頭部をへし折って見せる笑顔は、見事にフィニッシュにいざなったかのようでした」(同・ライター)

お仕事モードとは違う自然な表情が人気

このシリーズは、報道番組で見せるお仕事モードの森川アナとは違い、バラエティー色の強い企画で見せる、自然な表情や発言が新鮮と評判の人気動画。これまでにもさまざまな〝事件〟を起こしている。

「11月22日に公開された動画で森川アナに用意されたのはヌタウナギ。こちらも、いわゆるソレ系のビジュアルで、しかも氷水でシメるとヌメヌメとした透明の粘液が出てくる。それを手に取って弄ぶ森川アナの姿は、ローションまみれになったアレにイタズラをするエロ痴女のようでしたからね」(同)

おなかに包丁を入れるときは魚の肛門を目印にするが、

「あの上品なお口から、何度も〝肛門〟というワードが出てくるだけでエロいし、チョンチョンと触って確かめる姿も、いやらしい妄想をたくましくしてしまうこと請け合いです」(同)

しかも、いつもお色気エプロン姿で自慢のバディを揺らしながらのパフォーマンスなのだからタマらない。

「動画をバズらせるために森川アナのエッチな姿を撮ろうとしていることは明らかですが、森川アナはイマイチそこに無頓着なのが癒やされます」(芸能記者)

さて、次はどんなエロ魚が用意されるのか楽しみだ。

【画像】

FTiare / Shutterstock

あわせて読みたい