ザ・タブー

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~タレント・野呂佳代

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~タレント・野呂佳代
噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~タレント・野呂佳代 (C)週刊実話Web

先頃、TVディレクターとの結婚を発表した、歌手でタレントの野呂佳代。元アイドル(AKB48・SDN48の出身)ながら、現在は女芸人顔負けのイジられキャラで、バラエティータレントとして活躍中だ。

顔の肉付きがよく、丸みのある鼻に小さめの口、弓なりの眉に丸額と、女性度の高い顔相で、SEX診断チャートも高評点が並んでいる。

性感・性欲のバロメーターとなる臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)がほどよく厚く、田宅(上瞼)も含めた目の周囲の肉付きが豊かで、エロスのコンディションは良好だ。

眼形が(横倒しにした)半月形なのは、臥蚕が上方向に発達した相で、高い官能性を示すと同時に男性の気を惹くモテ相の代表格。

彼女は眼光に水気が多く、やや浮光(濡れたような艶)も差していて、年齢的に観ても今後、確実に淫蕩さが増していく女相だ。

鼻が低めで鼻先が丸いのは、本音丸出しの気取らないセックスで、(本人も相手男性も)濃厚な喜悦を貪り合える。その鼻が、やや短めで相に子供っぽさを残しており、男性に庇護欲を起こさせるぶんモテる。

広い目間は、警戒心がユルいため押しに弱く、短めの鼻と同様、尻軽相の1つだ。また、首筋にある目立つホクロは博愛ボクロで、求められるとつい情にほだされて与えてしまう「女神体質」を表す。

家庭に入るより社会に出て活動する方が性に合う相

【官能度】は「4」、【モテ度】は尻軽相がプラスに作用し、「4」寄りの「5」で満点となった。

丸々とした金甲(小鼻)にバイタリティーが、太い首に(エレガントさには欠けるも)頑健さが現れていて、小口ながら【スタミナ度】は「3」寄りの「4」と高めだ。

膣道の雛型とされる耳穴の下のミゾが浅く、口元も肉付きと締まりが平凡で、【名器度】は「2」と低め。

すっきりした口元・豊かな金甲・曲線的な眉・やや上がった目尻のラインなど、(十全のあげまん相ではないものの)あげまん要素が多く、豊かな臥蚕が足を引っ張るも、【あげまん度】は「3」と、今時の女性としては高い。

丸額・小口・穏やかな眉相は家庭向きの相ながら、頬骨がかなり出っ張っており、これは家庭に入るより社会に出て活動する方が性に合う相。

顔の肉付きがよいので頬骨が尖らず、丸く広く盛り上がっているのはアグレッシブさが吉を生む良相で、結婚後も芸能活動を続けられる相だ。

【良妻度】としては、「4」寄りの「3」と観た。

気になるのが、下唇に時おり現れる黒点(ホクロとはまた別)で、愛情のもつれや色難が身近に迫っている現れ。この黒点が出た時は、浮気などもってのほかで、努めて身を慎み、凶運をやりすごすべし、だ。

劉飛昶(リュウ・ヒチョウ)
観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

あわせて読みたい