木下博勝、ジャガー横田 (C)週刊実話Web
木下博勝、ジャガー横田 (C)週刊実話Web

ジャガー横田悲痛!長男・大維志くん6度目の受験失敗で「殺してください」と嘆きも

女子プロレスラーのジャガー横田と木下博勝医師の15歳の長男・大維志くんが、3月15日にインスタグラムを更新。高校入試に不合格だったことを報告した。


「大維志くんは、受験した私立高2校で不合格だったことを2月にSNSで公表。3月にも都立高の二次募集や私立の追加募集などでも合格できなかったことを明かしています。これまで少なくとも5回は不合格になったことを公表しており、今回は6度目の受験失敗だったようですね」(芸能記者)


【関連】浜辺美波も標的に!“芸能界の殺し屋ユーチューバー”ガーシーが暴露を予告 ほか


父親の木下氏は、14日に更新した自身のインスタグラムで大維志くんの寝顔をアップし、こうつづっていた。


「受験から解放された解放感か、今朝は寝ていましたが、僕の出勤までには起きて、行ってらっしゃいと見送ってくれました」


これで、受験はすべて終了したものと思われる。

「生きる気力を失った」

木下氏は、ユーチューバー「JJ」としても活動する大維志くんと、15日の午後10時半頃からインスタライブを実施する予定だったが、中止を発表。木下氏が頭を下げた写真をアップし、「今日は息子が寝て起きないので、緊急インスタライブは中止にさせて下さい。申し訳ありません。本人は、やる!と言っていたのですが、一旦寝ると言ったままの様です。また、詳しくお伝えするつもりですので、宜しくお願いします」と謝罪した。


当の大維志くんは、これまで不合格になる度に、SNSに英文で「#school hates me」などと投稿していたが…。


「ここに来て、『生きる気力を失った』とか『頼むから殺してくれ』という意味の英文まで投稿しており、フォロワーを心配させています。ユーチューバーとしての活動などは大維志くん本人の意志でやっていることだとは思いますが、思春期ですからね。フォロワーが心配して書き込んだコメントに何度も噛みつくなど、相当追い込まれているようですから、さすがに親がSNSやYouTubeを一旦やめさせるべきなんじゃないかという意見も出始めています」(前出・芸能記者)


SNSのコメント欄には、大維志くんを励ます応援メッセージが殺到している。

《辛いね。かける言葉がみつからないけど、ずっと応援してるからね!》


《必ず春は来ます》


《気を落とすな! 人生は長い!》

これほど見ず知らずの大人たちが心配してくれているのだから、まずはゆっくり休んで気持ちを切り替えてもらいたい。