芸能

上戸彩『M-1』司会で今年も魅せる“悩殺ギリギリ”セクシー衣装

M-1グランプリで今年も上戸彩が魅せる!?
M-1グランプリで今年も上戸彩が魅せる!? (C)週刊実話Web

女優の上戸彩が、今年の年末も漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2020』(12月20日放送予定)のMCを務めることが発表され、さらに成長した美爆乳を〝限界ナマ露出〟するとの期待が高まっている。

「上戸は2008年から『M-1』の司会を今田耕司とともに務めています。昨年は第2子を出産した直後でしたが、堂々とその大役をこなしました。それだけでなく〝出産後もボディーは進化中よ〟とばかりに、ノースリーブのセクシードレスで登壇。推定Gカップ美爆乳を披露し、視聴者を悩殺したのです。去る11月5日、上戸が今年もMCを務めることが正式発表され、歓喜の声が沸き起こりました」(放送記者)

複数の関係者の話を総合すると、さらなる過激衣装を披露しそうだという。

「昨年はシースルーを組み合わせたヒラヒラのドレスでしたが、今年は〝密着ドレス〟が有力候補とか。まるでセクキャバ嬢のように爆乳を先端ギリギリまで露出して谷間も全開に。前かがみになってあいさつする際、確信犯的に〝ポロリ疑惑〟も仕掛けるかもしれません。下半身はボディコン風に密着したミニスカで、こちらでもお尻部分で〝Tバック透け〟を狙う意向もあるようで、上戸を見ていると漫才が頭に入らない…という〝放送事故級〟の事態が起きそうです。第2子出産から約1年半がたち、ますますエロ大きく〝進化〟していますから楽しみです」(同・記者)

“女優大量退所”の事務所を支える上戸彩

上戸は今年、コロナ禍で開始がずれ、7~9月の放送となった連ドラ『半沢直樹』(TBS系)第2弾に、堺雅人演じる主人公・半沢の妻役で出演し、その好演が大評判だった。そんな彼女、子育てもひと段落する来年、「ママ女優」として本格再始動し、〝三十路セクシーキャラ〟を打ち出していく戦略というのだ。

「上戸は周囲に〝来年から濡れ場や脱ぎをどんどんしていきたい〟と訴えているとか。というのも、ママになっても女優をやれるという信念を証明したいだけでなく、所属事務所から米倉涼子や剛力彩芽ら女優が次々退社しており、自身が〝露出〟で支えたいという思いが強いようです。上戸は14年7月期には主演連ドラ『昼顔』(フジテレビ系)での不倫妻役が大ウケし、女優として大きく成長しています。『M-1』でのナマ露出の反響次第では、来年に加速する過激路線が楽しみです」(スポーツ紙記者)

エロス1000倍返し期待大!

あわせて読みたい