芸能

小林麻耶“地上波ゼロ”に心配の声が…「泰葉のイメージとかぶる」

  1. 契約解除、“地上波ゼロ”の小林麻耶
    契約解除、“地上波ゼロ”の小林麻耶 (C)週刊実話Web

先ごろ、所属事務所から契約解除を言い渡されたフリーアナウンサーの小林麻耶が、11月28、29日に出演を予定していたボートレースの生放送番組『BOAT RACEプレミア』(TOKYO MX)の司会を降板することが発表された。28日は午後7時30分から、29日は午後8時から東京・六本木のスタジオから、愛知・ボートレース蒲郡で開催される「SG第23回チャレンジカップ」の準優勝戦、優勝戦の模様を放送予定だったが、司会の小林抜きで放送される。

小林は、11月12日、今年2月から木曜レギュラーコメンテーターを務めていたTBS系情報番組『グッとラック!』を欠席。そのまま番組の降板が発表され、所属事務所からも同日付で契約を解除されていた。

「BOAT RACEプレミア」降板で、小林の出演予定の地上波テレビ番組はゼロとなり、今後はYouTubeでの活動が中心になるとみられている。

この発表に、ネット上では、

《それにしても結婚相手は大事だな。旦那は金もうけ、有名になろうとして近づいたんだろうが、ほんとにいけないね。麻耶はもうタレント活動は無理だ》
《旦那さんと結婚したときからこの旦那さんやばそうと思っていて早く別れれば良いのにと思ってたら案の定こうなった。。。》
《もし洗脳されてるなら、自分で気付かない限り聞く耳持たないよ。周りから言われても否定するだけ。だから怖いんだよね》

などといった、夫のK氏への批判が大きい一方、

《個人的にだんだんと泰葉のイメージとかぶっていきます。。》
《天国の妹さんもこれじゃ安らかに眠っていられないよなぁ》
《世間から見放された気持ちになって、ますますのめり込むだろうね。お母さんがかわいそう。娘2人のうち、1人を亡くし1人は洗脳なんて…》

など、小林を心配する声も出ている。

小林麻耶の言動に隠れた“精神状態”とは…

小林は精神科医の分析によると〝ほれこみ〟と呼ぶ状態だという。ほれこみと洗脳はニアリーイコールで、相手への批判力を失い、過大評価してしまう。実力以上に評価して欠点が見えなくなっている状態だという。

K氏がYouTubeで、「あまりね、人を信じ過ぎない方がいいかなとは思いますね。本当に、腹の底では何を思っているのか分からなかったりするので。友達だと思っていても不幸を願われたりする場合もあったりするのでね、こういうこと言うのは悲しいですけど、人間関係の整理をするっていうのも必要です」と話したのは、ほれこみが強くなるように誘導したのでは? といった疑惑も浮上している。

実際に小林が開設しているYouTubeチャンネルでの生放送で「優しめのコメントお願いします」と発言し、耳の痛い投稿をブロックするという行動に対して、

《ライブで『どう思います?』『意見を聞かせてください』ってあおりますが、視聴者さんが感想や見て感じることを素直に言っても自分たちの意に反するものである場合はリアルタイムでブロックしていますよね。そういう場面を見せられると言いたいことも言えないのではないですか??》

と、コメント欄で批判されている。

このままの状態が続けばジリ貧になるのは目に見えているが、小林はいつ目覚めるのだろうか。

あわせて読みたい