ザ・タブー

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・加弥乃

加弥乃 SEX診断チャート
加弥乃のSEX診断チャート(C)実話Web 

今回は、NHKの朝ドラ『エール』で、レコード会社のツンデレな秘書役を好演している、若手演技派女優の加弥乃を取り上げよう。

長く子役で活躍。AKB48に参加していた中学生の頃も含め、10代の時の顔相は、がっしりとした横幅のあるアゴに、吊り上がりの眉、目尻も上がり気味で、いかにもタフで勝ち気な相をしていた。

『エール』では、娘盛りの年頃になって眉も弓なりに作り、女らしく垢抜けた印象になったものの、生来の顔相はかなり強く、芸能界向きの女相だ。

彼女は鼻相が特徴的で、鼻先が押し潰したようにフラットな感じになり、鼻翼がどっしりと張っていて、なりふり構わぬ強靭な性根の持ち主で打たれ強い。主張も強く、恋愛の場面で男は少なからず手を焼く。

彼女は出額で、しかも広い。どちらも強い後家相で、夫や恋人を尅することはなはだしく、(双方が幸せになれる)相手男性は自ずと限られてくる。

性ホルモンタンクの臥蚕の張りは悪くはなく、唇も上下ともほどよく厚みがあって、性愛のコンディションは整っている。しかし、目力が強い割に眼光の水気が少なく、性愛に対するポテンシャルはまだ本調子ではない。現時点の【官能度】は「3」と観る。

彼女にはこれといった尻軽相がなく、男になかなかスキを見せない。丸目の相が性愛の場面でのノリのよさを暗示しているものの、強い後家相が男の下心を寄せ付けず、男縁の多いほうではない。【モテ度】は「3」寄りの「2」と低めだ。

【スタミナ度】【名器度】ともに高め

口は大きくないものの口相に勢いがあり、金甲(小鼻)が豊かで、しっかりしたアゴの相もプラスして、【スタミナ度】は「4」と高い。先天的な膣道の断面と一致するとされる耳穴の下の溝が大振りながら良形で、口元の肉付きがよく、締まりもあって、【名器度】も「4」。

ちなみに、出額の女性はアンダーヘアが濃く、陰阜(土手の部分)が高い、というのが淫相学の定説で、的中率も高い。名器云々とは別の論点だが、セックスの相性や好みの点で見すごせない観立てだ。

豊かな金甲と丸みのある眉があげまん要素ながら、強めの口相と豊かな臥蚕がマイナス要素。10代の頃は顕著だった下瞼ラインが目尻で上がるあげまん相が、現在はやや落ちている。トータルで観て【あげまん度】は「2」寄り「3」と、現代女性では高めだ。

彼女のように口より鼻が(存在感があって)目立つ女相は、生活力で夫に頼っても、嬶天下で夫を尻に敷く。頬が広く肉付きもあって家庭愛は強く、小さく締まった口相に良妻性が観て取れる。【良妻度】は「4」寄りの「3」と観るも、相性次第で夫側が実感する【良妻度】は大きく上下しそうだ。

劉飛昶(リュウ・ヒチョウ)
観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

あわせて読みたい