ザ・タブー

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・堀田真由

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・堀田真由 
噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・堀田真由 (C)週刊実話Web

今回取り上げるのは、女優の堀田真由。ドラマ『危険なビーナス』(TBS系)では、ヒロイン(吉高由里子)に敵意を燃やす女性役を好演している。

顔の主要な出っ張り(鼻、頬骨、アゴ、額)が、鼻以外どれも目立たず、眉相も(への字や一文字ではなくて)優しく、温厚で女性度の高い顔相だ。額も丸額と富士額(どちらも女額)の混合型で、口もやや小さく、控えめで忍耐強い心性が観てとれる。

ほどよく和気ののった眼光に清潔感があり、エロスのポテンシャルが現れる臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)のふくらみもすっきりしていて、淫蕩に流れる女相ではない。

一方、もみあげが女相としてはかなり広くて濃く、これは男性ホルモンの優勢を示す指標。性欲の現れ方がサバサバとして男っぽく、セックスに対するオンとオフの切り替えがはっきりしている。

さっぱりとしたスポーティーな交わりで、ひとたび官能にのめり込むとセックス過多となるも、終わればケロリとして後に引かない。

耳の位置が高いのは本能に正直、また、目頭に切れ込みがないのも同様で、性愛に計算や忖度を持ち込まず、欲望のままに楽しむ相だ。

【官能度】は、現時点では「4」寄りの「3」、【モテ度】は「3」寄りの「4」。口相の勢いは弱いものの、豊かなもみあげと張りのある金甲(小鼻)から、【スタミナ度】は「4」寄りの「3」と観る。

現代女性としてはかなり高い【あげまん度】

ちなみに、もみあげの濃い女性は総じて深情けで粘着質。我慢強い一方で裏切りに対する怒りや復讐心は強く、相手男性はそれを念頭においておくべし、だ。

先天的な膣道の断面と一致するとされる風門(耳穴の下のミゾ)が広めながら深く、後天的な締まりの善し悪しと連動する、口元の締まりと肉付きは平均値で、トータルで観て【名器度】も「4」寄りの「3」。

これは名器性とは無関係だが、彼女のように広い額の女相や耳の高い女相は下ツキ多し、とは淫相学の定説。また、もみあげの豊かな女相は恥毛も濃く繁茂している確率がすこぶる高い。

女性の鼻は結婚後の妻の座を暗示していて、肉付きよく、長さと高さのある鼻は、嬶天下で教育ママの相。冒頭で述べた女性度の高い相は【良妻度】でも当てはまり、【良妻度】は「4」と高い。

すっきりした口元、おとなしい臥蚕、豊かな金甲、直線的ではない眉など、決定的なあげまん相ではないもののプラス要素がズラリ。【あげまん度】は「4」寄りの「3」と、現代女性としてはかなり高い。

彼女は笑った時など、左右の眉に高低差が生まれるが、これは兄弟関係で葛藤を抱えたり、夫婦関係を含めて人生の浮沈の多さを暗示するもので、結構、振幅の激しい人生になりそうだ。

劉飛昶(リュウ・ヒチョウ)
観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

あわせて読みたい