芸能

吉高由里子“飲み歩き”再開の哀しき理由…三十路ぼっちの焦りか

吉高由里子の“飲み歩き”再開に周囲もヒヤヒヤ
吉高由里子の“飲み歩き”再開に周囲もヒヤヒヤ (C)週刊実話Web

女優の吉高由里子が、超ハイテンションで飲み歩きを再開。周囲をヒヤヒヤさせているともっぱらだ。

「吉高は〝謎の美女〟として出演中のTBS系連ドラ『危険なビーナス』が視聴率二桁続きと好調で、横浜流星とのダブル主演映画『きみの瞳が問いかけている』もヒット中。10月7日放送の主演スペシャルドラマ『東京タラレバ娘2020』も視聴率11.2%と好数字でした。今年はコロナ禍で悶々とする日々を送っていたものの、ようやく年末になり、女優としての存在感を見せつけていると言えるでしょう」(スポーツ紙記者)

そのため上機嫌モードに突入しているようで、11月7日にはニュースサイト『smart FLASH』で、午前4時半まで〝3軒ハシゴ〟をして飲み歩く姿を報じられてしまった。

「同サイトによると、吉高は映画『きみの瞳――』のヒットイベント終了後、東京・新宿のイタリア料理店でスタッフらとワインで乾杯。さらに渋谷のイタリア料理店に移動してカウンターで隣に座った男性と話し込み、さらには深夜、恵比寿の焼き鳥屋に1人で入り、午前4時半ごろまで滞在していたというのです。報道通り、吉高はかなりのハイテンションで、見知らぬ客に話し掛けたりしていたそうです。ドラマと映画がヒットして気分が上がっているのでしょうが、〝飲み歩き癖〟再開という印象です」(同・記者)

吉高といえば、酒好き女優としても有名。しばしば〝泥酔飲み歩き〟ぶりを報じられてきた酒豪でもある。

「共演者らと明け方まで飲み、酔って〝お持ち帰り〟されることもしばしばあるとのウワサも聞きます。長期間仕事をセーブした2015年には米国、フィリピンなど各地で事実上の〝海外放浪〟をしていたことを後に雑誌で告白。現地のバーなどでイケメン外国人らと〝泥酔抱擁〟していたとの話もあったほど。今回の〝3軒ハシゴ〟の報道を見るにつけ、その〝癖〟が抑えられなくなったと考えていいでしょう。周囲はとても心配しています」(芸能関係者)

吉高由里子“相手探し”本格化!?

三十路なだけに、結婚願望も高まっているといわれる。結婚を考えていたロックバンド『RADWIMPS』野田洋次郎とは15年初めごろに破局。16年7月に熱愛が報じられ、海外婚前旅行までした『関ジャニ∞』大倉忠義とも18年9月に破局が報じられるなど、なかなか恋が成就しないのだ。

「吉高は10月4日の日本テレビ系『おしゃれイズム』で〝受け取り場所を探さないといけないですね〟と、結婚相手を求めていることを告白し、波紋を広げました。相手候補として〝シェフがいい〟と話したため、料理の腕が有名で、父が有名居酒屋チェーン『鳥貴族』社長でもある大倉との復縁をニオわせた発言の可能性も囁かれています」(ワイドショーデスク)

『危険なビーナス』が終了する時期となる今年のクリスマスが、1つの節目になりそうだともみられている。

「結婚寸前だった男と相次いで破局し、32歳になり、寂しい吉高は、友人らに〝クリスマスまでには男を見つけるぞ~〟などと話しているとか。今回、3軒をハシゴし、カウンターに居合わせた隣の男性とまで話すということは、明らかに〝相手探し〟を急ぎ、かつ本格化しているとみられます。大倉との復縁も視野に入れつつ、いい男がいれば酔った勢いで〝お持ち帰り〟され、そのまま恋に突入…となる可能性も十分ある。周囲はヒヤヒヤでしょうが、ある意味、超上機嫌の吉高は今が狙い目とも言えそうです」(芸能関係者)

危険なビーナスの貞操。

あわせて読みたい