日本全国☆釣り行脚 (C)週刊実話Web
日本全国☆釣り行脚 (C)週刊実話Web

『クロダイ』千葉県/海浜幕張産〜日本全国☆釣り行脚

水温が下がり魚の活性が落ちるこれからの時期、狙い目のポイントの1つに温排水があります。


【関連】『オオクチバス』長野県/上諏訪産〜日本全国☆釣り行脚 ほか


ただの排水ですらソソられるドブ専(ドブ大好きのこと)のワタクシにとって、温排水…非常に魅力的な響きであります。水温が下がるほどにその効力を発揮する温排水ですから、ここ数日続いた寒さで魚も寄ってきているのではないでしょうか。


ということで、夕方のJR京葉線に揺られてやって来たのは千葉県の海浜幕張駅。幕張メッセやアウトレットなどがある湾岸エリアとあって、若いカップルで賑わっております。そんな年の瀬のベイエリアの夜に、温排水の流れ込むドブ川で糸を垂れる。これぞオトコのロマンではないでしょうか。若いカップルを横目に、オッサンはロマンを追ってドブ川へと向かうことにしましょう。


駅から歩いて10分ほど、到着した浜田川に釣り人の姿はありません。実際に温排水が流れ込む箇所はもっと海に近い河口寄りなのですが、潮は上げているので、このあたりでも温排水の恩恵はあるでしょう。というより、ユラユラと妖しく外灯を照らす水面を見たら、もう竿を出さずにはいられなくなってしまいました。早く竿を出したい! はやる気持ちを抑えつつ、リールとセットで1980円の安物竿を取り出し、市販の胴突仕掛けをセット。エサのアオイソメを付けたらソッと足元の護岸際に仕掛けを落とします。


誰もいない川沿いの寂れた遊歩道を、ゆっくりと歩きながら探っていくと、グンッ! と力強いアタリが伝わりました。温排水の影響で活性も高いのでしょうか。明確なアタリに竿先を下げて送り込み、大きく引き込まれたところで合わせると、ズンッ! と重量感が伝わります。巻き上げに入ると思いのほか激しい抵抗で、慌てて糸を出して対応。これは想定していた魚よりデカイかも…。

ドブ川でロマン連発

なにせハリス1号の細仕掛けなのでムリはできません。ヒヤヒヤしながら巻いては出してを繰り返すうちに、ようやく水面に姿を見せたのは、なんと良型のクロダイです。こんなこともあろうかと珍しく玉網の準備はしていたので、慎重に網を入れて無事捕獲。護岸に上げてメジャーを当ててみると47センチ。やはり冬場の温排水がらみのドブ川はロマンがありますな。すぐに血抜きをしてから内臓を取り除きクーラーボックスに仕舞います。


この1尾で満足しきってしまったものの、まだまだ時間もエサもあるので、「もうちょっとやっていくか」と再び護岸際に仕掛けを落とし、寂れた遊歩道を歩きます。というのも、この先には橋桁など、まだまだ面白そうな箇所があり、一応そこまで探ってみたい、というのが釣り人のさがなのであります。


ゆっくり歩き、橋の少し手前、明暗部の境に差し掛かったところでコツンッ! と小さなアタリが出ました。「やはりいたか…」竿先を下げ、糸を弛ませて待つと、クンッ! グンッ! とアタリが大きくなり、グワンッ! で合わせると、安物竿が大きく曲がってハリ掛かりです。先ほどのクロダイ以上の重量感に加えて、右へ左へと走るため、再びヒヤヒヤのやりとりの末、水面下に見えたのは今度はスズキです。ライトに驚いたのか、ここから反転してさらに激しく抵抗。数回のジャンプをかわしつつ、無事ネットイン。エサも時間もまだありますが、クロダイとスズキ、狙いの魚が釣れてもう満足。というより、これ以上釣れても食べきれないので、これにて納竿することにしました。


そして帰宅後はクロダイとスズキで晩酌タイムです。排水の影響があるドブ川で釣った魚は、加熱により臭気が増すこともあるので、どちらも刺身でいただきます(オススメはしません)。クロダイは脂乗りもまずまずで旨そう…ですが、やはり独特の排水臭は否めず。白身と脂の旨味の後に排水臭が鼻に残ります。そしてスズキ。こちらは思いのほか臭いは気にならず、淡白な白身はまずまず美味。クロダイをつまみ、臭気が来る前にスズキで上塗り、ワンカップを流し込む。ドブ川のロマンを思いつつ、年の瀬になかなかオツな晩酌となったのでありました。