片瀬那奈(C)週刊実話
片瀬那奈(C)週刊実話

片瀬那奈YouTubeデビューに「安っぽい」「残念な人になっちゃいましたね」の声

女優の片瀬那奈が、12月17日にYouTubeチャンネルで生配信を行った。長年所属していた大手芸能事務所「研音」を9月に退所した片瀬にとって、初めての肉声公開だった。


【関連】片瀬那奈“潔白証明&出直し”に向けボンキュッボン磨き加速中!ほか


注目の生配信では、元恋人がコカイン所持で逮捕され、自身も家宅捜索と尿検査を受けたことで浮上した〝薬物疑惑〟報道当時の心境を告白。


「憶測でいろんな記事が出たりとか、渦中の時、つらかったし、悲しかったし、悔しかった。事務所には申し訳ない気持ちでいっぱいだし、感謝もしています」


チャンネル開設の理由については、「そもそもすっごいYouTubeが好きで、毎日観ている。何年も前からやりたいと思っていた」と明かし、「強制的に立ち止まったことで初めて自分の人生を考えた。新しい自分がワクワクするような形でやってみたいと思った」と語ったが…。

独立で周りから人が去っていった

「とにかくグダグダな内容でしたね。ただただチャットを見ながら質問に答えたり、趣味を語るだけ。ユーチューバー転身にあたって機材も揃えたとか、毎日観ているなどと言っていましたが、それも疑わしい。初めてとはいえ、本気でやるなら他の配信者を参考にするなどして、あそこまでひどい内容にならない。そもそも、片瀬ほどの女優なら映像制作のプロなどに頼むこともできたはずですが、それもできなかったようですね。独立で周りから人が去っていったことを物語る生配信でした」(芸能記者)


それでも、動画のコメント欄にはエールが届いている。

《20年来応援している大好きな片瀬さんにまた会えて本当に嬉しいです!! これからの配信楽しみにしてますねー!!》


《なんか、話し方とても柔らかくて、優しくて丁寧で素敵なお姉さんという感じで、またトーク聞かせてください!》


《色々な趣味の動画や各地に出向いて頂き美味しい物を紹介したり、新しい家電をこれからも片瀬那奈として紹介して欲しいと思います》


【《》内はすべて原文ママ・以下同】

しかし、匿名掲示板には辛らつな意見が並ぶ。
《「私はこれがしたいんだ、夢だったんだって思った」ちょっと安っぽいですなぁ。場当たり的、とでも言うか。苦しい言い訳。なんとしても、芸能人でいたいのでしょう》


《女優って言っても主役張れるような人じゃないし、40のおばさんになって、人を集めるのは余程人間的に魅力が無いと難しいのでは。プライベート売りすぎても飽きられるし、距離置いたら視聴者だって気付くし、前途はどう見ても多難》


《昔は「好きなタイプの有名人女性は?」という質問に、「片瀬那奈」と答える男性、多かったですよね。私は女性ですが、好きな顔だし、こんな顔に生まれたかったと個人的に思ってました。なんか残念な人になっちゃいましたね》

チャンネル登録者数は1万1000で、生配信の視聴者数は850人。配信動画のアーカイブ視聴回数も8万4000(12月21日現在)と、知名度の割には物足りない数字だ。このままチャンネル登録者数や再生回数が伸びなければ、薬物事件で逮捕された妹分・沢尻エリカとの過去や、自身の〝疑惑の核心〟となる告白なども飛び出すかもしれない。