エンタメ

JRA攻略11/7『WIN5大作戦』~投資“ざっくり3万円”で目指せ1000万円!!~

(C)JRA
(C)JRA

~11月7日のWIN5対象レース~

①東京10R錦秋S
ゴールドパラディン
ルコルセール    2頭

ダート転向後は順調にステップアップしているゴールドパラディン。近2走は、連続②着と安定しており、大崩れは考えにくい。前走は、重賞に挑戦し15着だったルコルセール。出遅れて道中で砂をかぶり、戦意喪失してしまった。参考外でいい。未勝利から3連勝し、そのうち2勝はこのコース。スタートさえまともなら、巻き返してきそう。

②阪神10R道頓堀S
スマートクラージュ
ロジーナ
ロードベイリーフ  3頭

スマートクラージュは、近2走が②③着で、現級卒業もそろそろか。過去3勝は、すべて阪神で記録しており、初距離も相性のいい馬場なら克服しそう。ロジーナは、ここ3戦が②④⑤着で、いずれも勝ち馬から0秒1差以内の惜敗。展開次第で突き抜ける可能性は十分。ロードベイリーフの前走11着は、左回りが合わなかったか。全7連対をマークしている右回りに替われば、出番がある。

③福島11RフルーツラインC
サイファーシチー
ショウナンアニメ
スワーヴシャルル
マラードザレコード 4頭

小回りのダートだけに、前に行ける馬を選びたい。その中でも、ハナを切りそうなのはマラードザレコードだ。ここ3走は新潟で、最後に捕まっているが、福島なら押し切れるか。サイファーシチー、ショウナンアニメも、序盤をスムーズに運べるようなら粘り込みも。スワーヴシャルルは、先行争いを見る位置で脚をためられれば、ゴール前で台頭があっても。

大混戦みやこSは4頭に絞る!

④東京11Rアルゼンチン共和国杯
オーソリティ
マイネルウィルトス
レクセランス    3頭

ここからジャパンCや有馬記念を狙う馬もいる重要なGⅡ。その中では、まずオーソリティを挙げたい。昨年の勝ち馬で、GⅠ3戦を除けば【4・1・1・0】。マイネルウィルトスは、前走の札幌記念がGⅠ級に混じって4着。相手が軽くなるここはチャンスだ。近2戦がOP特別③⑥着と、スランプは脱したレクセランス。戸崎騎手とのコンビで、さらに前進。

⑤阪神11RみやこS
オーヴェルニュ
クリンチャー
メイショウハリオ
メイショウムラクモ 4頭

大混戦のダート重賞。クリンチャーは、前走・帝王賞で3着。7歳でも衰えはない。メイショウムラクモは、レパードSが3馬身差の快勝。相手強化も伸び盛りの3歳馬で、ここも突破しそうな雰囲気はある。オーヴェルニュは、帝王賞は大井の深い砂が合わなかった。JRAの軽いダートなら見直せる。OP特別で連続2着のメイショウハリオも軽視禁物。

合計288点で勝負!

あわせて読みたい