芸能

“無名”ジャニーズ”が小説家デビューか…「ゴーストを使おうが何をしようが」

ジャニーズ事務所
ジャニーズ事務所本社 (C)週刊実話Web

所属タレントの世代交代を進めるジャニーズ事務所が、今度は『ジャニーズWEST』の中間淳太を〝作家〟に仕立てると評判だ。すでに『NEWS』の加藤シゲアキが、小説家としてもてはやされている。

「もはや加藤は一流小説家です。昨年、小説『オルタネート』で直木賞の候補に。今年は吉川英治文学新人賞も受賞。水面下では各出版社が加藤の争奪戦を繰り広げています」(文芸誌編集者)

もちろん直木賞や芥川賞を取っても、消えた作家はゴマンといる。

「賞を取ろうが、才能があるかなんて出版社は興味がない。加藤は、出せば30万部は売れる。ファンクラブ買いの声もありますが、版元は売れればいいんです。だから加藤は、まさに逸材です」(同・編集者)

加藤に次ぐに大作家となりそうなのが、冒頭の中間だ。

「苗字は『なかま』と読みます。世間ではまだまだ無名ですが、ファン恐るべしですよ」(ジャニーズライター)

中間は8月に発売された小説誌G誌の表紙とインタビューに登場。G誌は創刊58年で、初めて「完売」を記録したという。

“違い”を見せるために推理モノで!?

「G誌は、通常1万部程度ですが、5万部ぐらい刷ったといいます。担当もホクホクでしょう。小説誌は今、全くと言っていいほど売れない時代。それが無名のジャニーズで売れるのですから、本当にスゴいことです」(同・ライター)

中間は現在、33歳。もういい年だ。ジャニーズで活動を始めたのは2003年。人気ドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)に端役で出たりもしたが、しばらくは鳴かず飛ばず。10年に関西学院大を卒業するなどし、14年、ようやく『ジャニーズWEST』のメンバーとしてCDデビューを果たした。

「G誌のインタビューでは、推理小説好きもあって創作意欲を見せています。直木賞候補の加藤がポップな大衆路線ですから、中間は違いを見せるために推理モノでいくのでしょう。ゴーストを使おうが何をしようが、うまくデビューすればファンの爆買いが期待できます。1500円で書き下ろして20万部で売り上げ3億円。10%の印税をもらって3000万円。事務所も加藤で味を占めたのかもしれませんね」(同)

たとえオモシロくなくても売れれば勝ちだ。

あわせて読みたい