ザ・タブー

エッチな悩み一発回答!『Dr.みなみのSEXチン療所』=2021年9月23日号掲載分

小島みなみ
小島みなみ (C)週刊実話Web 

「アマゾン・プライム・ビデオで配信中の『エロキン』はご覧いただけてますでしょうか? みなみがMCに挑戦しています。以前からMCをやってみたいと言い続けてましたが、実際やるとなかなか大変ですね(苦笑)。でも、共演の芸人さんたちが必死で盛り上げてくれて、面白く、かなり過激な仕上がりになっています。自粛中のお供に是非どうぞ! それでは今週の相談にいってみましょー!!」

《お恥ずかしながら、女性の「糞」を食べたくて仕方がありません。緊急事態宣言中ですが、こっそり買いに行こうかと思っています》(東京都・66歳・男性)

「もう…、『お好きにどうぞ』としか言いようがないですよね(苦笑)。いわゆるスカトロ癖というのは性癖の中でも特殊な部類ですし、一度芽生えたその気持ちは我慢できるものじゃないような気がします」

――なるほど。

「AVにもずっとあるジャンルですから、一定数のファンがいるんでしょうね。食べる…のは、個人的にはこのご時世もありますし、相談者さんは年齢的にも体力が落ちているでしょうし、控えたほうがいいと思います。〝もしも〟っていうことがありますからね。あるいは、超少量で!」

――以前、某男優が、「鮮度が命。新鮮ならお腹を壊さない」なんて言ってるのを聞いたことがあります。

「鮮度…。私も聞いた話ですが、東京から大阪までうんちをもらいに行き、帰りの新幹線の中で我慢できずに食べちゃったって(笑)。まぁ、新鮮だろうが菌が多いので、食べることはオススメできませんよ。なるべくAVとかで我慢してください。死ぬ覚悟があるなら別ですが」

――最後の晩餐に。

「あぁ、性癖と食欲の合致…っていいんだか悪いんだか(苦笑)。犯罪ではなくて、誰かに迷惑をかけない限り、そういう〝癖〟自体は否定しませんよ。我慢できないことって、あると思いますので。私の場合はなんだろう…。やっぱりディズニーと、エッチなのはオナニーぐらい(笑)。相談者さんは無理せずに、としか言えないですね」

くわえた瞬間いろんな味がする!

《みなみ先生、いつもお世話になっております。先生のキュートなお尻の穴に、私は夢中です。どんな味がするのでしょうか?》(福岡県・55歳・男性)

「今週はこんな相談ばっかりなのでしょうか(苦笑)? 味? 私自身が知るわけないじゃないか!!」

――男性器に味があるように、肛門にもあるようです。

「そ、そうなんだ…。確かに男性器もくわえた瞬間、いろんな味がするんですね。その人が前日に食べたものが出るなんて聞いたことがあります。コーヒーを飲んでいたら苦い、みたいな」

――なるほど~。

「私の場合、撮影のある週は節制することが多いので、あんまり味はしないんじゃないかな。撮影前日に山盛りご飯なんて食べられないですもん。出ちゃったら大変だし(苦笑)。面白くない回答でごめんなさいね」

――稀に、ダイレクトに〝肉〟っていう女性もいます。

「そうなんだ、男性っていろいろ試しているものなんですね(笑)。男性器でも肉っぽいな~と感じることあったっけな~? 男優さん相手が多いから、本当に無味無臭が多いんですよね。たぶん、毎日何度も射精しては洗っているので、男性器に余計な不純物がないのかも。私もそんな感じだと思います。まぁ、私はそんなに舐めなくていいと思ってますけどね」

ガンガン泣いて愛してあげて!

《この前、SEXしている最中に、なぜか感極まって泣いてしまいました。こうやって人間が一体になれることって素晴らしいことだな、と思ったんです。でも、妻は「えっ、なんで?」と引いてました。私が変なのでしょうか?》(千葉県・60歳・男性)

「最後にやっとまともな相談ですね(笑)。私も撮影中ですけど同じ経験がありますよ。今年始めに出演した作品の、夫婦の別れを描いたシーンで、お芝居に感情が入りすぎた男優さんが号泣したんです! 唐突すぎて私、爆笑しちゃって、結果NG連発です(笑)」

――えっ、そんなに泣いていたんですか(笑)?

「だって号泣してるんだもん! SEXシーンの撮影から涙ぐんでいて、予兆はあったので、『えっ、えっ、どうしたの?』と思いながらも私は喘いでて、そして最後に号泣。『え~、撮影中なのに本当に泣いてる~』と思ったら笑いのツボに入ってしまって…。こういうところが、私が催眠術にかからないポイントかな。あんまり入り込めないというか…(苦笑)」

――なるほど。

「その撮影では笑ってしまいましたけど、相談者さんのように感情移入してくれるのは悪いことじゃないですよ。だって、目の前のSEXに本気だという証しじゃないですか。愛しているから涙するわけですもん。確かに、女性も『えっ、なんで?』と一瞬は思うかもしれません。だけど、冷静になって考えたら『あぁ、私は愛されているんだな』と気付くはずです。相手が不倫相手やセックスフレンドだったら、『おいおい、こりゃ気持ちが入りすぎているぞ、ヤバいな』なんて思うかもしれませんけど」

――確かに(笑)。

「相談者さんの場合、相手が奥様なので、素直に『君を想う気持ちが溢れ出てしまって…』なんて言えば、もうメロメロなんじゃないでしょうか。もし、一度引かれてしまったって大丈夫、気にしないで今後もガンガンに泣いて愛してあげてください!」

小島みなみ=1992年12月14日、神奈川県出身。血液型=A型。趣味は散歩とディズニーランドで遊ぶこと。特技はテニス。T150、B85(Eカップ)・56・83センチ。最新作=『出張先の旅館で大嫌いなセクハラ上司とまさかの相部屋に…絶倫過ぎる粘着ピストンで一晩中イカされ続けた美乳OL』(S1)が9月14日に発売になったばかり! みなみ先生の新作情報は「S1」の公式サイトを要チェック!! 公式ツイッター=kojima373

あわせて読みたい